ここから本文です

「無限度」(=360度以上)で首を振る、優雅な扇風機

ニューズウィーク日本版 9/7(水) 6:22配信

マインツ ピルエットMAINTS PIROUETTE〈扇風機〉

 マインツはどこから見ても美しいデザインと、人と人とが繋がる技術に基づいた「MultiAngleInterfaceTechnologies」という思想から生まれた新ブランド。その記念すべき第1弾として発表されたのが、全方位シームレスに風が送れる扇風機「ピルエット」だ。扇風機はいつも部屋の隅にあって、その風を欲する人に向かって羽根を回し、風を送ってきた。けれど、このピルエットはリビングの中央に立ち、ぐるりと360度以上、つまり無限に回転して、思い思いに寛ぐ人たちすべてに優しい風を届けるのだという。設置面積を極力抑え、羽根を覆うカバーを薄くしたミニマルな形。扇風機の首の部分が回るのではなく、支柱が回るからこそ可能な"無限度"の回転。その姿は片足でつま先立ちし、こまのように旋回する様子を示すバレエ用語"ピルエット"そのもののように優雅だ。真ん中が空洞になった羽根の構造で風を面で押し出すため、DCモーターとの組み合わせによって自然界にあるのと同じような心地よい風をつくり出す。 

(参考記事:なだらかなシェイプが生む、優しく美しい風。)

 操作は厚みのある台座に備えられたダブルセンサーリングで行う。シリコンで覆われた感圧式のセンサー部に指で触れることで、内側のリングでは風の量を、外側のリングでは風の吹く向きをコントロールできる仕組みだ。ユニークなのは、設定していない範囲では倍速で旋回し、スキップする運転ができること。指でなぞるように触れると、透明感のある紅掛空色にLEDランプが光り、目にも涼しい二重のリングが浮かび上がる。照明器具よりもはるかに多いLEDを使っているというだけあって、かすかに紫がかったブルーの色が本当に美しい。 

(参考記事:静寂の寝室に投影される、100万の星々。)

 同じ方向に回転し続けても支柱の中でコードが絡んでしまわないように、特殊な小型部品を中に仕込んだり、軸をなめらかに回すために工夫されたボールベアリングを採用したりするなど、マインツが目指す新しい発想の動きやデザインを具現化している。また、重厚感のある台座部分には新潟県燕市の職人たちが手作業で行う、磨きや絞りなどの優れた金属加工技術が随所に活かされており、その質感や樽の形に"メイドイン燕"の誇らしさがあふれている。 

(参考記事:タンスの裏にもするりと潜りこむ、華麗なる掃除機。)

 みながひとつに集うのではなく、同じ空間にいながらもそれぞれが個々に過ごす、現代の暮らしのスタイルに寄り添うピルエット。全方向に送られる静かで優しい微風は室内に気流をつくり出し、窓を開けていなくとも空気がかすかに動いて、自然の安らぎを生み出すことができるのが魅力だ。扇風機は夏に使うものだという常識を超え、春や秋にも活躍できる、まさにシームレスな1台なのだと思う。

タッチ操作で、風の強弱や首を振る範囲を設定できる。青く光っている部分がそのまま首を振る範囲になる。

※Pen本誌より転載

[concierge]
神原サリー Sally Kamihara
新聞社勤務を経て「家電コンシェルジュ」として独立し、豊富な知識と積極的な取材をもとに、独自の視点で情報を発信。2015年2月、表参道に「家電アトリエ」を開設。テレビ出演や執筆、コンサルティングなど幅広く活躍中。

※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。



神原サリー ※Pen Onlineより転載

最終更新:9/7(水) 6:22

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。