ここから本文です

石川遼、弟との初共演で復活V 腰痛を克服

デイリー新潮 9/7(水) 18:00配信

「兄ちゃんが優勝してうれしい。やっぱり、うまいなと思った」

 と語ったというのは、浦和高校2年生の石川航(わたる)君(16)。石川遼(24)の弟だ。

 福岡県の芥屋(けや)GCで行われた「RIZAP・KBCオーガスタ」(優勝賞金2000万円)。石川遼は、アマ大会で優勝して出場権を得た弟と初めての競演と相成った。

 残念ながら航君は最下位で予選落ちしてしまったのだが、遼はそんな弟に貫禄を見せつけた。初日から最終日まで首位を譲らぬ“完全優勝”を果たしたのだ。

「今大会のデータをみると、遼のフェアウェイキープ率は4日間トータルで54位。しかし、巧みなアプローチでパーオン率は34位としています」

 とツアー記者。加えて、平均パット数は1・58の3位。これが決め手となった。

「賞金王になった2009年もパット部門1位でしたし、もともと遼はパットが得意です。ただ、ここ数年は、センターシャフトやマレット型などいろんなパターを試していて、迷いが生じているように見えました。今大会は、かつて愛用していたL字型に戻しています」

 今年上半期、遼は人生最大の苦境に立たされていた。腰痛で2月から米ツアー離脱を余儀なくされたのである。優勝会見で遼は当時を振り返り、

「日常生活では痛くないのに、クラブを振ってみると振れない、というのはストレスでした。ゴルフが出来ないのは自分じゃない、と感じました」

 その一方で人生最大の幸福にも浸っていた。3月、中学の同級生と結婚したのだ。遼が続ける。

「怪我をしてなかったら一緒にいる時間はなかったと思うので、人生という大きな視点でみると、悪い時間ではなかったです」

 遼は、9月の国内ツアー2戦に出場後、渡米する。

 悲願の米ツアー初Vへ――再挑戦は妻とともに。

「週刊新潮」2016年9月8日号 掲載

新潮社

最終更新:9/7(水) 18:00

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。