ここから本文です

生牡蠣×生ハムを味わえる新店が神楽坂にオープン!このマリアージュに思わず感動!!

東京カレンダー 9/7(水) 12:20配信

神楽坂の途中にある毘沙門天、ここのすぐ近くにあるのが今年6月にオープンした『SAKE BAR オトナリ』。

【この記事の全ての写真】

地下を降りていくと7坪の12席だけのカウンターが用意され、店内には気さくな女将の鶴田さんと生ハム職人であるパルマさんが出迎えてくれる。落ち着いた照明の中、女性スタッフ二人だけで営業しているので、おひとりさま客も多い。

コンセプトは日本酒を難しく考えず、広くラフに愉しんでもらうこと。日本酒には生ハムを勧めており、これまであまりなかった組み合わせに興味が湧く。さらにここの人気メニューは「生牡蠣」×「生ハム」のマリアージュだという!

思わず口の中が緩みそうだが、まずは生牡蠣と生ハムのメニューを紹介していく。

見よ!このプリプリの生牡蠣を……!

お皿からはみ出るほどの大ぶりな「生牡蠣」(750円)は宮城県島野浦産ものを使用。

こちらは『塚田農場』や『四十八漁場』で知られる株式会社エー・ピー・カンパニーが運営しているため、「生販直結」によって全国の美味しい食材が産地よりお店に直送される。新鮮な素材を高品質低価格で提供することをモットーにしているため、通常ならばもっと値段が張りそうなこの牡蠣もお手頃に食べられるのだ。

さっそく生牡蠣を口に運ぶと、身がとろんとしておりスッと入ってしまう。大ぶりなためしっかりとした旨味と微かな磯の香りが漂い、もう1個!とさらにかきこみたくなるのだ。

薄くスライスされているのに、生ハムの旨味はしっかり

続いてはこちらの生ハム。なぜ日本酒に生ハムを合わせることにしたのかと聞けば、それは“神楽坂”という立地にあった。外国人観光客が多いこのエリアで日本酒を飲んでもらうなら、本国に帰ったときもそこにある食材で日本酒を愉しんでもらえるようにという思いが込められている。

毎日ものすごい量の日本酒と生ハムを試食し、たどり着いたのがこの薄さ。厚すぎる生ハムではせっかくの日本酒の味を消してしまうことから、「HOBERT」と特別仕様に加工し、日本一極薄に切れるスライサーを仕入れ、名前の通りである生ハム職人のパルマさんが口の中でほどよく解ける薄さに完成させた。

生ハムのとろけゆく甘味は、日本酒の旨味にふわっと合わさる。計算つくされたこのマリアージュは、妥協をしないこだわりから生まれたものだと実感させられるのだ。

1/2ページ

最終更新:9/7(水) 12:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。