ここから本文です

この秋一番の話題! あの人気鍋店の新店は濃厚な旨みの“貝しゃぶしゃぶ”!

東京カレンダー 9/7(水) 5:20配信

“きのこしゃぶしゃぶ”で人気を博す六本木『Shangri-La’s secret(シャングリラズ シークレット)』が、8月1日、満を持して姉妹店『THE XUN TOKYO(ザ シュン トウキョウ)』をオープン!この秋一番の話題店になることは間違いない。

【この記事の全ての写真】

今度の主役は貝。たくさんの貝を秘伝のスープで“しゃぶしゃぶ”した後は、旨みが凝縮されたスープで締めの1品を…。まさに貝が主役の新感覚エンターテインメント鍋だ!

前菜から貝、貝、貝! リュクスな空間で味わう贅沢コース

麻布十番駅から徒歩1分、新一の橋交差点のすぐ側。名店ひしめくこの場所に、またひとつユニークな店が誕生した。その名も『THE XUN TOKYO』。“貝しゃぶしゃぶ”の専門店だ。

しゃぶしゃぶ専門店といえど、大鍋を囲む大衆的な雰囲気とは一線を画すのがこちら。扉を開けると、シャンデリアが輝くリュクスな空間が広がる。白と黒を基調としたシック&ゴージャスな店内には、カウンター席や個室も。そんなザ・麻布十番な雰囲気の中で提供されるしゃぶしゃぶとは…? 期待が高まる。

メニューはコースが3種類。一番人気の「旬貝白湯」コース6,800円を頼むと、まず登場したのは、オイスターシューターならぬ「シェルフィッシュシューター」だ。あさりの貝出汁おろし乗せ、白貝のフリット 葱ソース掛け、そして貝出汁の茶わん蒸し…、のっけから潔いほどに、全部貝!

女性シェフが手掛ける、麗しきフュージョン料理の数々も

そう、しゃぶしゃぶのみならず、さまざまな魚貝類をコース仕立てで味わえるのがこの店の特徴なのだ。美しいサラダに続いて登場したのは「海老の鉄板焼き」。文字通り、頭から尾の先まで丸ごと海老を食べられる。

海老みそや殻で引いた出汁に香味野菜を加えて作られたソースが添えられ、こちらがまた濃厚な旨さ。メインのしゃぶしゃぶがまだだというのに、ワインがどんどん進んでしまう罪なひと皿だ。

ふと気付けば、どの料理も、ジャンル問わずさまざまな技法で調理されているのが分かる。和食の出汁しかり、中国料理やエスニックのスパイスしかり。フレンチのソース使いもそう。

ジャンルレスに腕を振るうのは、女性シェフ保科朝美氏。細やかで美しい盛り付けには、女性ならではの繊細な感性が光る。

1/2ページ

最終更新:9/7(水) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。