ここから本文です

部下のいる人は必見! 上司にとられて嫌だと感じる行動ワースト3とは?

オーヴォ 9/8(木) 10:10配信

 会社勤めをすると、嫌なヤツだと思っていても上司は選べない。今年4月に『職場を幸せにするメガネ~アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント~』(小林嘉男著)を刊行した、まる出版(東京)は、20代~50代のビジネスパーソン310人(男性155人、女性155人)を対象に「上司にとられて嫌だと感じる行動に関する調査」を実施した。

 調査で「上司にとられて嫌だと感じる行動とは、どういった行動か? 」を、特にそう思うものを3位まで選んでもらったところ、ワースト1位になったのは「聞く耳を持たない」で、男女とも一緒。上司だって人間、間違うことがあるのに、聞く耳持たないのは最悪だ。逆に、自分が上司の立場であれば、ちゃんと部下の意見も聞いてあげよう。

 ワースト2位は「失敗は部下のせい、手柄は自分のおかげ」。これは、本当にありがち。こんな上司の下で働くことになったら、不運としか言いようがない! そしてワースト3位は、「相手によって態度が違う」。これは、上司というより人として許せないと思う人が多いかもしれない。

最終更新:9/8(木) 10:10

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。