ここから本文です

松本人志がハリウッドスターの通訳に!?

Smartザテレビジョン 9/8(木) 0:00配信

株式会社リクルートジョブズでは、松本人志がさまざまな職業の役を演じる「タウンワーク」のCMシリーズ11作目「通訳」篇を9月12日(月)からオンエアする。

【写真を見る】スターの横で「バイトするならタウンワーク」を繰り返す松本

今回、松本は多くの報道陣が詰め掛ける中、来日記者会見をするハリウッドスターの通訳をすることに。「この作品の見どころは?」と質問されたスターが、映画について語る中、松本は「バイトするならー、するならそれはタウンワーク」と、同時通訳を開始する。

全く違うことを通訳されていることにも気付かず、映画について語り続けるスターの横で、松本は「バイトするなら、そりゃもうタウンワークなんだ」「それはもうバイトするならタウンワークや」と通訳を続ける。緊張感ある会場で、シュールな展開が注目の内容だ。

「この作品の見どころは?」という質問を俳優役に訳して伝える際、アドリブの英語を披露した松本。撮影後のインタビューで、「本当はなんて言えばいいのか分からなくて、全然違うこと言ってましたね。『I like this movie』みたいなこと言ってました(笑)。よくあの人も答えてくれましたよね」と振り返った。

撮影終盤には、笑顔を浮かべるスターに対し松本は、「何を言っているんだ、バイトするならタウンワークだろう!」と声を荒げ、スタジオからは笑いが起こっていた。

最終更新:9/8(木) 0:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。