ここから本文です

巨人と中日 ファンが期待する来季の監督人事は?

NEWS ポストセブン 9/8(木) 7:00配信

 クライマックスシリーズまで1か月というこの季節、いまひとつの成績にとどまっているチームのファンは、どんな話題で盛り上がっているのか。巨人ファンのヨネスケ氏は1年目の高橋由伸監督には同情的。

「あれだけみんな打てなくて、投げる方も活躍しないんだから、監督采配以前の問題でしょう。長嶋(茂雄)さんだって1年目は最下位ですからね。でも次の年は優勝している。だから来年のヨシノブも優勝ですよ」

 しかし、自慢の戦力が看板倒れに終わっているだけに、「ヨシノブはベンチで腕組みだけして何もやってない」(40代会社員)と監督のキャラへの不満も多い。

「どうせなら江川(卓)や桑田(真澄)あたりの理論派指揮官も見たいね。まぁ、2人とも最後は自分の手柄にするタイプだから、不協和音を生むかもしれないけど、ヨシノブよりは退屈しなそう。お坊ちゃんのヨシノブじゃ、文句いっても張り合いがないから今度はヒールがいいよ」(同前)

 一方、8月9日に谷繁元信監督が“休養”に追い込まれた中日は、次の監督選びが本当に急務だ。

「二軍監督の小笠原(道大)が上がるんだろうが、立浪(和義)にやらせたい。あとは地元の愛工大名電出身の(山崎)武司。小笠原はやっぱりハム(日本ハム)の人だしね」(40代自営業)

「本音は立浪やね。山本昌・投手コーチで、山崎・打撃コーチ。オールドラゴンズで負けたらファンも納得するがね」(50代会社員)

 と、地元カラーの濃い指揮官を望むファンが少なくない。「名古屋では地元の財界に好かれる人でないとダメ。だからいまだに星野仙一の待望論もあるよ」(同前)との声まで。中日ファンの漫画家・高信太郎氏は「もう1回、谷繁にチャンスを」と訴える。

「去年まで選手兼任監督で今年いきなり結果なんて出せないでしょ。責任を取るべきは落合(博満)GMのほうじゃないですか。谷繁も(休養)会見で“じゃあ落合GMが監督やってみてくださいよ”といってやればよかったんです。まあ、本当に落合監督にするのも面白い。優勝すればそれはそれでいいけど、間違ってもそんなことないでしょう。ダメだったら谷繁に頭を下げて、名古屋から去ってもらいましょう(笑い)」

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

最終更新:9/8(木) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。