ここから本文です

「潔癖オトコvs.不潔オトコ」どっちがマシ?

R25 9月8日(木)7時0分配信

中居正広、東国原英夫、坂上忍、今田耕司――彼らの共通点は何か分かる? 実は、彼らは全員極度の“潔癖”なのだとか。女性陣からは「めんどくさっ」という意見も挙がりそうだが、真逆の“汚部屋男子”と比べると…どうだろう? 「オトコの衛生観念」にかかわる究極の選択について、20~30代の独身女性会社員200人にアンケート調査を行った(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

〈どっちの男性の方がマシ?〉

・極度の潔癖症の男 61.5%
・極度の掃除無精(汚部屋)の男 38.5%

「極度の潔癖症の男」に軍配が上がるも、4割近くは「極度の掃除無精(汚部屋)の男」を支持。では、彼女たちはどのような考えで選んだの? 回答理由をそれぞれみてみよう。

■「極度の潔癖症の男」派の意見
(汚部屋は絶対NG!)
・汚いと虫が出てきそうでいやだから(30歳)
・汚い部屋は無理(31歳)
・汚かったり臭かったりするのは隣にすらいられなくて本当に辛いと思う(32歳)

(自分にとっても都合がいい)
・自分が掃除が苦手なので、潔癖症なら、家も必然的に綺麗になると思ったので(21歳)
・汚いとカビとかダニとかホコリとかがすごそう。自分がホコリアレルギーなので体調を崩しそう。虫もいそうで嫌だ(30歳)
・感染症などのリスクが下がりそうだから(37歳)
・自分も潔癖ぎみなので汚い人や不潔な人は受け入れない(32歳)
・自分が潔癖な方なので、汚いのは絶対に嫌だ(34歳)

「潔癖症の男」を選んだ人の理由は、大きく分けると2パターン。「汚部屋は絶対NG!」と「自分にとっても都合がいい」という意見だ。後者の中には、「自分も潔癖だから」との声もチラホラ。では、「不潔オトコ」派は…?

■「極度の掃除無精(汚部屋)の男」派の意見
(自分が掃除をすればいい)
・潔癖症は直せないけど、汚部屋は片付ければなんとかなりそうだから(34歳)
・掃除が嫌いなだけなら自分がやればいいだけだから。潔癖症が過ぎるとイライラすると思う(33歳)

(神経質な性格が合わなそう)
・神経質な男性より無頓着な方が男らしくてかわいいと思うため(34歳)
・潔癖症は細かそうで嫌だ。掃除しない人ならある程度してあげればそれで済むから(36歳)
・神経質すぎるより鈍感な方がいいから(26歳)
・自分も大雑把なので潔癖だとお互いストレスになりそう(33歳)

こちらは「自分が掃除をすればいい」という声が多数。また、「神経質な人は自分の性格に合わない」とする人も少なくない。そのほか、「潔癖の人は有事の際生きていけなそうだから」(26歳)とのコメントも…。確かに緊急時にアレコレ不満を漏らされたら、一緒にいるのは大変そう…。

なお、過去にR25の記事「付き合えるけど結婚はムリ!女性が避ける男の特徴1位
」において、20~30代の独身社会人女性224人を対象にアンケート調査を実施したところ、2位に「潔癖症なところがある」がランクイン。一方、「料理、掃除、洗濯など基本的な家事がかなり苦手」は12.5%で、10位となっていた。これを踏まえると、度を超えなければ「不潔」より「潔癖」の方がマシと思われる傾向にあるのかも?

ともあれ、どちらにも偏らずバランスが取れているのが良いのは言わずもがな。自分の部屋の潔癖(不潔)加減は、本人は気づきにくいもの。重々にご注意を…。

(千川 武)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月16日(金)17時59分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場