ここから本文です

はるな愛が顔面崩壊した整形失敗の過去を告白

Smartザテレビジョン 9/8(木) 5:01配信

9月8日(木)夜7時から放送される「芸能人が実体験を告白!最悪の一日」(テレビ朝日系)で、はるな愛が整形失敗の悪夢を告白。

【写真を見る】はるな愛の整形失敗の恐怖体験にみのもんたや指原莉乃らが凍りつく!

同番組は、みのもんたとHKT48・指原莉乃がMCを務め、芸能人が実際に経験した、まるでドラマのようにつらく恐ろしい“最悪の一日”について語る。

今回、はるなはボトックス注射による整形失敗の過去を激白。「美しくありたい」「小顔になりたい」という願望を抱き続けていたはるなは、“オネエ”仲間から整形に関するさまざまな情報を収集し、思い切ってボトックス注射を打つことを決めたと明かす。

知り合いの医者に「タダでやってあげる」と言われたはるなは、ボトックス注射をした当日は違和感なく帰宅するが、翌日、鏡を見るとなんと顔が崩壊していたという。筋肉が緩み、全く笑うことのできない顔になってしまったと打ち明ける。

いろいろな意味で笑えない状況になってしまったはるなが、その後、どうやって表情を取り戻し、最悪の体験を乗り越えたのか、そしてそこから学んだ人生の教訓を伝授する。

一方で恐ろしい体験をしたはるなは、他人の整形を見抜くことができるようになったと熱弁し、自分と同じように、ボトックス注射を打っている芸能人がたくさんいると暴露。

はるなは、施術を受けるのは長期休暇の間が最も多く、よく見掛けるのはお正月明けなどの番組だと指摘。同じように表情がなく、うまく笑えなくなっている芸能人を見ると、心の中で「…失敗中なんですね!」と話し掛けているという。

さらに今回、吉川美代子、春日俊彰、カズレーザー、祥子、紫吹淳、橋本マナミ、堀田茜らが“証言者”として背筋も凍る最悪体験を告白する。

吉川は、アナウンサー時代に体験した“最悪の一日”を。ある日、自宅に帰るときちんとかけたはずの洗面所のタオルがゆがんでいて、それ以降、誰かが部屋にいたような嫌な空気を感じるように。そして、ある夜帰宅すると、そろえてあったスリッパが乱れ、タオルには使用した形跡が…。慌てて警察に電話をかけようとしたその時、衝撃の展開が起こったという。

また、カズレーザーは今から10年ほど前に起きた出来事を。当時、同せい中の彼女に養ってもらったカズレーザーだったが、腕時計やアクセサリーなど私物が部屋から消えていったという。なぜ、私物が消えていってしまったのか…、その驚きの結末とは!?

そして、祥子は女優を目指して熊本から上京し、レストランでアルバイトをしていた時に遭遇した身の毛もよだつ体験を激白。春日は、何事にも動じない春日に恐怖をもたらしたという“報道されなかった衝撃事件”を語る。

最終更新:9/8(木) 5:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。