ここから本文です

小栗旬主演映画のアナザーストーリーを放送決定!

Smartザテレビジョン 9/8(木) 8:00配信

小栗旬主演、大友啓史監督によるサイコスリラー映画「ミュージアム」が11月12日(土)に全国公開されるのに先駆けて、WOWOWでアナザーストーリー「ミュージアム ─序章─」の配信・放送が決定した。

同作は、映画「ミュージアム」の劇中に登場するシリアルキラー“カエル男”によって仕掛けられたもう一つの作品=「殺人」を、オリジナルで構成したもの。

映画とは別の新たなスタッフ・キャストで製作されており、「ミュージアム ─序章─」の主人公・九堂仁は、名バイプレーヤーとして映画やテレビドラマに引っ張りだこの三浦誠己が演じる。

九堂は誘拐された娘を救うため、謎のカエルマスクの男から出される理不尽な指示に立ち向かっていく役どころだ。

三浦はカエル男という特異なキャラクターとの共演について、「カエル男を理解しようとは全く思わなかったです。『どうすれば?』が常に心と体を支配してて、スピード感に付いて行けてないのが正直なキャラクターの思いだったように思います。そういう意味では、オーソドックスなサスペンスの仕掛けや起承転結を無視できたかな」とコメントしている。

WOWOWメンバーズオンデマンドとGYAO!では本作を全4話(各約15分)にわたって配信し、WOWOWシネマではそれらを再編集し1本化したものを放送(56分)する予定。

最終更新:9/8(木) 8:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。