ここから本文です

紅葉の名所の美しさに感動!5分で知る永観堂の見どころ

東京ウォーカー 9/8(木) 17:20配信

空海の弟子・真紹(しんしょう)が藤原関雄(ふじわらのせきお)の山荘を譲り受け、尊像を安置し真言宗の道場としたのが始まりで、現在は浄土宗西山禅林寺派の総本山。853(仁寿3)年の創建以来、幾多の文化人が“モミジの永観堂”と言うほどの紅葉の名所でもある。本尊の阿弥陀如来立像は振り返っている姿から“みかえり阿弥陀”として知られるほか、国宝の絹本着色山越阿弥陀図(鎌倉期)など多くの寺宝を所蔵。ライトアップ期間に寺宝展も開かれる。

■ 文化財

<絹本着色山越阿弥陀図(国宝)>雲に乗る観音様と勢至菩薩に幡を持つ童子が描かれている。

<金銅蓮華文磬(国宝)>読経の際にひもでつるし打ち鳴らす仏具。平安様式を反映した美しい作品。

<阿弥陀如来立像(重要文化財)>像高77cm。頭部を左に向けた珍しい像で“みかえり阿弥陀”と呼ばれる。

※上記3つの文化財は通常非公開

■ その他の見どころ

<三鈷(さんこ)の松>葉先が3つに分かれている珍しい松の古木。三鈷は智慧、慈悲、まごころを表す。この松の葉を持っていると3つの福が授かると言われる。

<阿弥陀如来像>ご尊顔のみかえり阿弥陀如来の姿に、自分より遅れる者を待つ姿勢や、自分自身の位置を顧みる姿勢、愛や情けをかける姿勢など、阿弥陀仏の心を学ぼう。阿弥陀堂に安置。

■ ライトアップ

イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなど約3000本が色付く錦秋にライトアップを実施。ライトアップ時は阿弥陀堂、画仙堂と庭園のみの拝観となる。寺宝展も同時開催となるので注目。

■ 混雑状況

<昼>モミジが有名なだけあり週末は大混雑。ゆっくりと拝観したいなら休日は避けて。

<夜>受付終了30分前ぐらいであれば、徐々に混雑が緩和されているので比較的快適。

■ 紅葉

イロハモミジなど約3000本。見ごろ11月下旬。放生池に映り込む紅葉や多宝塔を包み込む紅葉などが見事。石畳の道もロマンチック。2016秋の紅葉ライトアップ11月8日(火)~12月4日(日)。

■ 桜

ソソメイヨシノなど約10本。見ごろ3月下旬~4月上旬。紅葉の名所ながら、春になると桜が華やかに庭を彩る。本数は少ないが見事な美しさ。

■ 年中行事

<2月>念仏行道会/永観堂の故事にまつわる念仏行道会。誰でも参加できるとあって、毎年多くの参拝者が参加する。

<4月>御忌会(ぎょきえ)/法然上人のお亡くなりになった忌日を讃える大法会。

<8月>緑蔭法話/夏の朝の恒例行事で、法話のあとに点心の接待がある。予約不要で気軽に参加可能。

【関西ウォーカー編集部】

最終更新:9/28(水) 19:59

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。