ここから本文です

高山市で紅葉と星と木にふれる秋を体験

東京ウォーカー 2016/9/8(木) 17:20配信

飛騨高山と呼ばれる岐阜県高山市は、多くの温泉郷を擁する屈指の観光地。なかでも高山駅からバスで90分、奥飛騨温泉郷の最奥部にあたる新穂高温泉は、豊富な湯量を誇り、巨大な露天風呂と北アルプスの大自然が楽しめる人気スポットだ。

【写真を見る】飛騨エリアには秋に行きたいイベントが盛りだくさん。日程をチェックしてぜひ足を運んでほしい

そんな新穂高温泉で、10月20日(木)から30日(日)に、「新穂高紅葉散策~夜空を楽しむ会~」が開催される。

会場となるのは3か所。メイン会場は新穂高の湯周辺。清流・蒲田川と、奥飛騨温泉郷を象徴する新穂高の湯の夜のコラボレーションは必見だ。

地獄平砂防堰堤周辺では、日暮れにあわせて地獄平の森一帯を、中尾高原では温泉街の紅葉がライトアップされる。昼間は森林浴で楽しんだ風景が、幻想的な演出で見事な紅色に浮かび上がる。

もうひとつのお楽しみが「星空観察会」。こちらも期間中毎日開催(雨天は中止)。移動式天文台のドリームスター号を使い、漆黒の夜空に無数にきらめく星々が堪能できる。都心にいたらなかなかお目にかかれない、宝石のような夜空を楽しみたい。

一方、高山市は良質な木材を産出してきたことから、木工の町としても知られている。高山市内を中心とした飛騨地域18の木工房によるオープンアトリエ「飛騨の木工房めぐり」が、10月29日(土)から31日(月)に開催される。期間中の10時から17時の間は、自由に家具工房の見学ができるようになるので、匠の技に直接触れられるチャンスだ。

この秋は、飛騨高山へ紅葉と星と木工に触れる旅に出てみては?【東京ウォーカー】

最終更新:2016/9/8(木) 17:20

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

トキメキの、いちご。
いちご狩り&いちごスイーツ
2017東京ショコラ最前線
東北応援みちのくWalker