ここから本文です

【自転車レース】激坂ゴールのブエルタ第17ステージはフランクが逃げ切り区間初優勝!

CYCLE SPORTS.jp 9/8(木) 7:25配信

IAMサイクリングは今大会2勝目

第71回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、9月7日にカステリョンからカテゴリー1のルセナ(カミンス・デル・ペニャゴロサ)頂上までの177.5kmで山岳区間の第17ステージを競い、スイスのマティアス・フランク(IAM)が逃げ切ってグランツール区間初優勝を果たした。

リーダージャージのマイヨ・ロホはナイロ・キンタナ(モビスター)が守った。


休養日明けの第17ステージは、スタートからアタックと吸収が続いた後、43km地点で27人の選手が集団から逃げ出すことに成功。フランクは2人のチームメートと一緒にこの逃げに加わっていた。この大人数の逃げ集団には総合上位の選手が加わっていなかったため、ゴールまで残り70km地点で7分半の差を付けることができた。

この逃げ集団から、残り29kmでイタリアのダリオ・カタルド(アスタナ)とフランクがアタック。ゴールへと向かうマス・デ・ラ・コスト山の激坂が始まった残り3.8kmで、2人は追走集団に20秒差、メイン集団にはまだ5分以上の差を付けていた。

厳しい上り坂の途中でカタルドは力尽き、フランクは単独で頂上を目指した。その後方では、今年のクイーンステージで区間優勝したロベルト・ヘーシンク(チームロトNL・ユンボ)とレオポルト・ケーニック(チームスカイ)が追い上げていたが、フランクの背中はなかなか見えて来なかった。

29歳のフランクはそのまま単独で逃げ切り、スイスのIAMサイクリングに今大会2勝目をもたらした。

後方では、マス・デ・ラ・コスト山に到着して小さくなったメイン集団で、総合争いがスタート。最初に攻撃したのはアルベルト・コンタドール(ティンコフ)だったが、すぐにマイヨ・ロホを着たキンタナたちに追いつかれてしまった。この闘いの最中にクリストファー・フルーム(チームスカイ)が遅れる場面もあったが、最後はキンタナたちに追いつき、同タイムでゴールした。


■第17ステージ結果[9月7日/カステリョン~ルセナ(カミンス・デル・ペニャゴロサ)/177.5km]
1 マティアス・フランク(IAM/スイス)4時間34分38秒
2 レオポルト・ケーニック(チームスカイ/チェコ)+6秒
3 ロベルト・ヘーシンク(チームロトNL・ユンボ/オランダ)+11秒
4 ペリョ・ビルバオ(カハルラル・セグロスSA/スペイン)+14秒
5 ダリオ・カタルド(アスタナ/イタリア)+16秒
6 ホセ・エラダ(モビスター/スペイン)+29秒
7 アクセル・ドモン(AG2R・ラモンディアル/フランス)+48秒
8 バルト・ドクレルク(ロット・ソウダル/ベルギー)+57秒
9 クリスティヤン・ドゥラセク(ランプレ・メリダ/クロアチア)+1分02秒
10 アイマル・スベルディア(トレック・セガフレード/スペイン)+1分04秒
24 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+3分27秒
25 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+3分27秒
26 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+3分27秒
27 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ/コロンビア)+3分27秒
34 サイモン・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+4分23秒
69 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+10分11秒
101 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+13分40秒

■第17ステージまでの総合成績
1 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)69時間35分32秒
2 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+3分37秒
3 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ/コロンビア)+3分57秒
4 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+4分02秒
5 サイモン・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+6分03秒
6 アンドリュー・タランスキー(キャノンデール・ドラパック/米国)+7分34秒
7 サムエル・サンチェス(BMC/スペイン)+8分12秒
8 ダビデ・フォルモロ(キャノンデール・ドラパック/イタリア)+8分13秒
9 ミケーレ・スカルポーニ(アスタナ/イタリア)+8分27秒
10 ダビド・デラクルス(エティックス・クイックステップ/スペイン)+8分52秒
110 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+3時間07分12秒
119 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+3時間22分13秒

[各賞]
■マイヨ・ベルデ:アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)
■マイヨ・デ・ルナレス:ケニー・エリソンド(FDJ/フランス)
■マイヨ・ブランコ:ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)
(第18ステージはクリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)が着用)
■チーム成績:BMCレーシングチーム(米国)
■敢闘賞:ハイメ・ロソン(カハルラル・セグロスSA/スペイン)

最終更新:9/8(木) 7:25

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。