ここから本文です

目にも楽しいお月見スウィーツ

25ansオンライン 9/8(木) 15:30配信

今年の中秋の名月・十五夜は、9月15日。平安の昔から、貴族が愛したという月見の宴。風雅な和菓子をいただきながら、そんな古き良き習わしを今の時代になぞってはいかが?

【毎日更新!今日の手みやげ】

丹念に練り上げた小豆の羊羹の中に、メレンゲを合わせて作った羊羹“東雲羹”で、輝く月と跳ねるうさぎの姿を描きました。小豆の風味が生きた、季節限定の創作羊羹です。

舟月夜(しゅうげつや) 小¥900 大¥1,800
※9月上旬~下旬。

上野の老舗うさぎやの、その名も「うさぎまんじゅう」。山芋と上新粉で作った皮で、店舗の地下の工房で作る自慢の餡を包んだ定番の薯蕷饅頭です。大和芋の香りとあっさりしたこし餡が絶妙にマッチ。愛らしいルックスにも心が惹かれます。

うさぎまんじゅう 1個¥185[税込み価格]

草むらに立ち上がって月を愛でるうさぎの姿を表現した、ほのぼのと愛らしい薯蕷饅頭。中身は稀少な白小豆を使用した白小倉餡で、いっそう上品に仕上げて。

月下の宴 1個¥450
※9月1日~15日。関東及び近畿地方の一部の店舗のみの取り扱い。近畿地方では10月11日~13日も販売。

HIROKO KOMATSU

最終更新:9/8(木) 15:35

25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年1月号
2016年11月28日発売

特別定価:880円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。