ここから本文です

立つ、寝る、しまう。「変形自在の自律走行車」のコンセプト

WIRED.jp 9/8(木) 7:10配信

MITメディアラボは2007年、後輪を折り畳んで駐車スペースを節約できるコンセプトカー「CityCar」を発表した。

【動画で見る】2011年に撮影された、CityCar1/2モデルの動画

わたしはCityCarのアイデアをさらに発展させ、運転者がどこにいるか、何をしているか、何を感じているかに応じてシートのセッティングや形状を変えることができる自動運転車「Swing」を考案した。

Swingは、フレームにある回転軸を使って折り畳むため、ホイールベース(前輪から後輪までの距離)が約50パーセント短くなる。高速走行時には車輪を伸ばして安定性を最大にする。駐車時には折り畳むことにより、駐車スペースは通常の3分の1以下で済む。

Swingの動力源は、液冷式電気モーターにつながれた200馬力の水素燃料電池で、後輪と車室の間に設置されている。車内には大人2名と荷物を載せることができる。前部から乗り込むようになっているため、高齢者や乗り降りが不自由な人でも楽に乗ることができる。

Swingは好みに応じて、普通のクルマのように伸ばしたままにすることができ、シートもそれに応じて適切な形になる。シートは、各種の形状記憶フォームや通気チューブから成る調節可能な20のクッション部分で構成され、乗員の体を温めたり冷やしたりすることができる。これらのクッション部分を調整することにより、それぞれのシートを任意の形にすることが可能だ。例えば、わたしが考案した「NightCar」のコンセプトのように、眠りたいときはフルフラットにすることができる。

Swingは、乗員が立ち上がった状態でも走行できる。渋滞した都市部での低速走行中に、周囲を見るために便利かもしれない。クルマの安全性が劇的に向上したら(クルマの自動運転が開始されるときにはそうなっているべきだが)、走行中に立ったまま本を読んだり、景色(または携帯電話の画面)を見たりするのも楽しいだろう。いまは、スタンディングデスクが人気だ。「スタンディング自動車」があってもいいはずだ。

形状変化自動車Swingのレンダリングは、モントリオールを拠点にするフリーランスの工業デザイナー、アドルフォ・エスキヴェルによる。彼は、潜水もできる水陸両用車「Libelule(関連記事)」や、ウェイクサーフィン(専用のボートを使って人工的につくられた波に乗るサーフィン)用のタグボート「Sea-Bull」などのコンセプトのレンダリングも手がけている。

CHARLES BOMBARDIER

最終更新:9/8(木) 7:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革