ここから本文です

DCフィルムズ第三弾『ワンダーウーマン』来夏公開決定

リアルサウンド 9/8(木) 6:00配信

 『ワンダーウーマン』の日本公開が2017年夏に決定し、あわせてビジュアルポスターも公開された。

 本作は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『スーサイド・スクワッド』の“DCフィルムズ”第三弾のアクション映画。人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれた“ワンダーウーマン”が、浜辺に不時着した男性を助けたことをきっかけに、人間社会の中に入り様々な困難に立ち向かう姿を描く。

 “ワンダーウーマン”を、ミス・イスラエルに選ばれたハリウッド女優ガル・ガドットが演じ、浜辺に不時着をした男には『スタートレック』シリーズのクリス・パインが扮する。 監督は『モンスター』のパティ・ジェンキンスがメガホンをとった。主演のガル・ガドットは「かつて少女だった女性こそ、この物語を正しく描ける」と女性監督のジェンキンスに信頼のコメントを寄せた。

 あわせて公開されたポスタ-ビジュアルでは、「アメコミ史上最強は--〈彼女〉だった」のコピーとともに、長剣を持った力強いシルエットの“ワンダーウーマン”が捉えられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/8(木) 6:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。