ここから本文です

今年は濃い色のリップで冒険すべき! イエロー肌×明るい茶の瞳の人に似合う「冒険リップ」は?

集英社ハピプラニュース 9/8(木) 20:00配信

「MAQUIA」10月号から、この秋挑戦したい冒険リップの選び方をご紹介。今回は、明るい茶の瞳×イエロー肌の“スプリングタイプ”の人に似合う新作リップをカラー別にセレクトします。

濃い色のリップの画像を見る

◇教えてくれたのは…
イメージアップ コーディネーター 矢吹朋子さん



【明るい茶 or ソフトな黒の瞳】×【イエロー肌・青ぐまタイプ】

~スプリングタイプ~


オレンジでよりポップに
<<オレンジレッド>>

☆YABUKI's ADVICE☆
黄み系の肌で、色素が薄いスプリングタイプは、黄みをほんのり含んだにごりのないオレンジレッドがしっくり。ポップに仕上がるパキッとした鮮やか発色、またはソフトな印象の艶やかな質感のどちららかを選ぶとGood。

◆オトナと少女が同居! ピュアレッド
都会的なオトナっぽさとあどけない少女っぽさを併せ持つ。黄みよりのビビッドレッド。ピュア カラー エンヴィ ハイラスター リップスティック 19 ¥4000/エスティ ローダー(9/16アジア限定発売)

◆にごりない凛としたオレンジレッド
透明度の高い色づきで、表情をいきいきと彩って。唇の上をとろけるように軽やかにのび広がり、うるっ、ぴたっとフィット。エクストラ グロウ リップスティック 06 ¥4000/SUQQU

◆みずみずしいクリア発色
一方はシアー(シアーを使用)、もう一方はマットのペンシルリップ。ソニア リキエル ドロウズ パリ フォーランコム パリジャンリップルクレヨン A01 ¥3600/ランコム(限定品)

◆鮮やかレッドでドレスアップ
肌トーンまで引き上げる、光り輝くカーマインレッド。華やかなインパクトながらも、品のある仕上がりに。ルージュ アリュール ヴェルヴェット 57 ¥4200/シャネル(8/26発売)

◆美形唇に早変わりする、ツヤレッド
唇をこすり合わせると厚いツヤの膜が形成されて、立体的な唇を形状記憶。縦ジワが気になる人にも。マキアージュ エッセンスジェルルージュ RD400 ¥2300(編集部調べ)/資生堂



彩度の高い色で軽やか
<<ピュアベリー>>

☆YABUKI's ADVICE☆
青みを含んだベリー系が不得意なスプリングタイプ。あえて肌から浮くような彩度の高い色合いの色を選んで、軽やかな抜けを作るのがベター。立体的な唇に見える、光沢感も味方にして。

◆フレッシュでチャーミングな印象に
おしゃれ度満点のビビッドなベリーカラーは、フレッシュな色づき。美肌効果も高い。ルージュ ピュールクチュール マット 211 ¥4100/イヴ・サンローラン・ボーテ(限定色)

◆遊びゴコロのあるプレイフルベリー
鮮烈な色&圧倒的なツヤ。ルージュ ピュールクチュールヴェルニ ヴィニルクリーム410 ¥4100/イヴ・サンローラン・ボーテ(9/21発売)

◆濃密にくっきり&品よく色づく
ビビッドながら、上品な光沢と色合い。ピュア カラー エンヴィ ハイラスター リップスティック 06 ¥4000/エスティ ローダー(9/16発売)

◆視線を引き寄せる、華やか口元
リップシェイパーの側でベースを引き、リップスティックの側を上から全体に。リップ コントゥール デュオ 06 ¥6000/トム フォード ビューティ(9/16発売)



もぎたてのジューシィさ
<<ブライトオレンジ>>

☆YABUKI's ADVICE☆
オレンジやコーラル系が得意なスプリングタイプは、基本オレンジならどの色でもマッチ。もっともあか抜けた印象に仕上がるのは、明るくみずみずしい、ツヤ質感のフレッシュオレンジに。

◆澄んだ色香を放つ、ぷっくりオレンジ
ふっくら艶めき、おしゃれもモテも叶える口元に。濃密なとろみヴェール効果で、縦ジワや薄い唇を難なく補正。AQ MW ルージュグロウ OR252 ¥3500/コスメデコルテ

◆ライブ感が宿るヘルシーオレンジ
すべるようになじんで、鮮やかに発色。ユニークな平らな紅先だから、輪郭まできれいに塗れる。フルキス 525 ¥3400/バーバリー

◆透明純度の高いブライトコーラル
表情まで明るくなるカラー。塗るほどに、潤いで満たされ、柔らかいピュア唇に。エクストラ グロウ リップスティック 04 ¥4000/SUQQU

◆潤いが滴る美形唇を長時間持続
リップクリーム不要の持続力の高い保湿力もうれしい。マキアージュ エッセンスジェルルージュ OR400 ¥2300(編集部調べ)/資生堂(限定色)

最終更新:9/8(木) 20:00

集英社ハピプラニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。