ここから本文です

時間を「スローダウン」させる──Kickstarterで人気の額縁が思い出させてくれるもの

WIRED.jp 9/8(木) 11:10配信

下記リンク先の動画にある羽根は、スローモーションで動いているように見える。だが実際はその逆で、かなり高速で動いている。巧妙な照明と人間の錯覚のおかげで、極端にゆっくりとしたテンポで揺れているように見えるのだ。

【その視覚効果をこの目で確かめる動画はこちら】

デザイナーのジェフ・リーバーマンは、ディスカバリーチャンネルの人気番組「Time Warp」のホストとして、高速カメラを使って弾丸やバレエダンサー、爆発などの現象の物理的特性を解き明かしている。

リーバーマンは自身のデザインスタジオ・Plebian Designで、不思議な視覚効果をもつ大きなインスタレーションなど、錯覚を利用したさまざまな作品を作成してきた。

彼の最新の作品は「スローダンス」だ。クラウドファンディングサイト「Kickstarter」では、「時間をスローダウンさせる額縁」と説明されている。

この不思議な額縁の秘密は、光と動きのタイミングを慎重に合わせることだ。木製のフレームの端に隠されているLEDライトが、1秒間に79~81回の頻度で発光する。あまりに速すぎて、ライトが明滅していることさえ気づかないほどだ。その一方で、フレームの底に設置された電磁モーターが、そのクラッチに刺さっている物体(羽根、葉、花など)を80Hzの振動数で振動させる。

激しく振動している物体に点滅するライトが光を当てるが、照明の変化の速度は物体の動きと位相がずれている。この発光頻度と振動数が完全に一致すれば、物体はまったく動いていないように見えるはずだ。

だがスローダンスでは、動きの軌道のさまざまなポイントで、ライトが物体を照らす。光の当たった状態は一定の間隔で撮られたスナップショットのようなものだが、スナップショットの頻度があまりにも高いため、人の脳はこれを別々の画像ではなく動いている物体だと認識するのである。

この視覚効果は「残像」と呼ばれる。この言葉を聞いたことがないとしても、現象自体は知っているはずだ。映画からパラパラマンガまで、連続する動きの錯覚はこの現象によって引き起こされている。

この額縁を通して物体を見ると、秘められた世界を覗きこんでいるかのような気分になる。動く植物はまるで生きているように見える。

リーバーマンは自分の作品が、ほんの一瞬でもいいから、人々の生活のスローダウンに貢献できればと考えている。「大人になると、不思議に思えるはずのことに無関心になってしまいます。この作品は間違いなく、見た人を不思議な世界に引き込む力をもっているのです」

LIZ STINSON

最終更新:9/8(木) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。