ここから本文です

93歳の佐藤愛子が三連覇! 注目は「〆切」にまつわる異色の一冊【エッセイ・ベストセラー】

Book Bang 9/8(木) 12:00配信

 8月28日~9月3日のエッセイ売り上げランキング第1位は3週連続で佐藤愛子さんの人気エッセイをまとめた『九十歳。何がめでたい』だった。第2位は88歳の現役モデルが綴る人生訓『人はいくつになっても、美しい』。第3位はこちらも発売以降3位以内をキープし続けるエッセイスト阿川佐和子さんが父親について書いた『強父論』だった。

 4位以降の注目は、4位にランクインした『〆切本』。夏目漱石から村上春樹、西加奈子まで90人の書き手が〆切を守れぬ言い訳から、〆切があることで頑張れるという告白、〆切を守らせようとする編集者との戦いなど、〆切にまつわるエッセイ、対談などを収録した異色の一冊。8月終わりの発売以降ネットを中心に話題となり、Amazonでの売れ行きが好調だ。

1位『九十歳。何がめでたい』佐藤愛子[著](小学館)

『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。大正12年生まれ、今年93歳になる佐藤さんは2014年、長い作家生活の集大成として『晩鐘』を書き上げました。一度は下ろした幕を再び上げて始まった連載『九十歳。何がめでたい』は、「暴れ猪」佐藤節が全開。自分の身体に次々に起こる「故障」を嘆き、時代の「進歩」を怒り、悩める年若い人たちを叱りながらも、あたたかく鼓舞しています。ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。(小学館ウェブサイトより抜粋)

 Book Bangでは書店員さんによる書評が掲載されている。

2位『人はいくつになっても、美しい』ダフネ・セルフ[著](幻冬舎)

 88歳の現役モデルが教える昨日のあなたより、今日のあなたを好きになる方法。「美しさは心に宿るものです。いつもわくわくすることを心に思い描いて、きらきらした目で世界を見続けていれば、その心の輝きは必ず顔に表れます。」(幻冬舎新聞広告より抜粋)著者は1928年生まれ、イギリス在住の現役ファッションモデル。世界最高齢のスーパーモデルとしてギネス認定。現在も活躍中。

1/2ページ

最終更新:9/8(木) 12:00

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ