ここから本文です

NYデザイン美術館による、20万点のオンラインアーカイヴ

WIRED.jp 9/8(木) 21:10配信

クーパーヒューイット・スミソニアン・デザイン・ミュージアムはこのほど、大規模なデジタル化プロジェクトを完了した。コレクション全体の92パーセントにあたる20万点の所蔵品が、オンラインで閲覧できるようになった。

【貯蔵品の写真を見る】紀元前1100年とされる歴史あるエジプトの「蓮型の杯」から最新機器の貯蔵品まで。

このプロジェクトは、完成までに1年半の歳月と何十人もの職員、オランダのデジタル化専門企業の協力を要した。

同博物館の所蔵品のなかには、3000年の歴史があるものもある。最古の所蔵品は、紀元前1100年とされるエジプトの「蓮型の杯」(lotus-shaped cup)だ。しかし同博物館は、常に新しい所蔵品を増や続けている。最新の所蔵品には、フィットネストラッカー「Jawbone」や、サーモスタット「Nest」(日本語版記事)などが含まれる。Nestの原型となった最初のスケッチも、このほどデジタル化された。

博物館本体も2014年12月に再オープンし、インタラクティヴ性を高めている。来館者は大きなタッチスクリーン・テーブルで、デジタルアーカイヴを調べたり、オリジナルのデザインを描いたり、テクノロジーを駆使したデジタルペンで個人アカウントに所蔵品の画像を保存したりすることができる。

検索機能は優れており、原産国やデザイナー、さらには色でも検索が可能だ。アーカイヴされた収蔵品についてはすべて、メタデータを利用できる。このデータから、自分では考えもしなかったであろうほかの収蔵品とのデザインの類似点が浮き彫りになることもある。

その一例が、ヴェンツェル・ヤムニッツァーが1568年に製作した版画だ。幾何学的な2つの円錐が小さなベンチの上で危なげにバランスを取っているこの版画は、キュレーターによると、1880年に製作された木製の鐘楼模型やピクサー映画『バグズ・ライフ』や『モンスターズ・インク』のコンセプト画に「影響を与えた」という。こうした解説を読むのは楽しく、つい時を忘れてしまう。

MARGARET RHODES

最終更新:9/8(木) 21:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。