ここから本文です

契約金増額のセリエA、総額は昨季を上回る1119億円に。ユーベは年俸でも圧倒

フットボールチャンネル 9/8(木) 7:40配信

 今季のセリエAの契約金総額は、約10億ユーロに近い額まで増加している。7日付けの伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じた。

【動画】伊紙が特集 本田、得点を生む“6つの技”

 今季のセリエA全20チームの契約金総額は、昨季に比べて11%増額している。昨季の契約金総額は8億8200万ユーロ(約1002億円)だったが、今季は9億8500万ユーロ(約1119億円)まで増額した。

 セリエA最高年俸選手となったのは、年俸750万ユーロ(約8億円)を受け取るユベントスのFWゴンサロ・イグアインだ。そして、年俸650万ユーロ(約7億円)を受け取るローマのMFダニエレ・デ・ロッシが次に続いている。

 そして、ユベントスが1億4500万ユーロ(約164億円)で最も契約金総額が高いクラブとなった。その次に1億2000万ユーロ(約136億円)のインテルが続き、9200万ユーロ(約104億円)のローマ、8000万ユーロ(約91億円)のミラン、7500万ユーロ(約85億円)のナポリと続いている。

 さらに、ユベントスは指揮官の年俸でもトップに立ち、年俸500万ユーロ(約5億円)を受け取る同クラブのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がセリエA最高年俸監督となった。

 次に年俸300万ユーロ(約3億円)のローマのルチアーノ・スパレッティ監督、年俸250万ユーロ(約3億円)のインテルのフランク・デ・ブール監督、220万ユーロ(約2億円)のミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督と続いている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/8(木) 7:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。