ここから本文です

グアテマラ代表FW、W杯“予選”で新記録を樹立。歴代単独最多得点者に

フットボールチャンネル 9/8(木) 8:00配信

 グアテマラ1部ムニシパルに所属する36歳の同国代表FWカルロス・ルイスが、ワールドカップ(W杯)予選で歴代通算最多となる38得点目を挙げる快挙を成し遂げた。6日に過去に在籍していたロサンゼルス・ギャラクシーの公式サイトが報じている。

【写真】欧州美女特集。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 現地時間6日に行われた北中米カリブ海(W杯)予選でグアテマラとセントビンセント・グレナディーンが対戦。試合は、C・ルイスが5得点を決める活躍で9-3でグアテマラが勝利をおさめている。

 これまで代表チームで公式戦133試合に出場し68得点を決めていたC・ルイスは、試合の前日に代表引退を宣言。そして挑んだこの試合で前半に3得点を決めると88分に交代するまで後半にもまた2得点を決め、代表最後の試合で見事な有終の美を飾った。

 それを受けてグアテマラサッカー連盟は、「ありがとう、カルロス! W杯での新記録おめでとう!」と公式ツイッターでコメント。この5得点によりW杯予選で38得点目を上げたC・ルイスは、元イラン代表のアリ・ダエイ氏が持つ35得点の記録を塗り替え、W杯予選で歴代単独通算最多得点者になった。

 しかしこの試合に勝利したグアテマラは、アメリカがサッカートリニダード・トバゴに勝利したために4次予選でW杯予選から敗退している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/8(木) 8:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)