ここから本文です

数字がいいのは映画興行成績だけじゃない!?『君の名は。』のヒットで新海誠監督の過去作のレンタル回数が3.5倍に!!

おたぽる 9/8(木) 18:00配信

 8月26日に公開されるやいなや、わずか10日間で動員290万人、興収38億円を突破し、空前の大ヒットとなっている新海誠監督の映画『君の名は。』。公開から17日で33億を突破、38日間で60億円を超えた庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』をも上回るハイペースで、100億円の大台も夢ではないともささやかれはじめているが、数字を伸ばしているのは、興行成績だけではない。

 株式会社TSUTAYAが発表したニュースリリースによると、映画のヒットにより、新海誠の過去作品である『ほしのこえ』(2002年)、『雲のむこう、約束の場所』(04年)、『秒速5センチメートル』(07年)、『星を追う子ども』(11年)、『言の葉の庭』(13年)のDVDレンタル回数が、劇場公開前後比約3.5倍に急増、8月26日の『君の名は。』の公開とあわせて、全タイトルが前月比を上回る結果になったという(※15年12月10日~8月31日TSUTAYA店舗DVDレンタル回数実績)。

 しかし、それだけにとどまらず、映画公開により、新海監督自らが執筆した原作小説『小説 君の名は。』(KADOKAWA)の売上は、9月8日現在、72万部(KADOKAWA調べ)を突破する大ヒットを記録。昨年は『バケモノの子』『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(ともにKADOKAWA)、今年は『世界から猫が消えたなら』(マガジンハウス)など、数々の映画化原作の書籍がヒットしたというが、『小説 君の名は。』の映画公開後の売上冊数は、これら映像化原作の3倍以上を記録し、映画公開年の原作売上数の歴代最高を記録した『永遠の0』を超えると予測されるほどのヒットが見込まれているそうだ(各作品公開後3ヶ月TSUTAYA調べ)。

 また、コミック・児童文庫も好調で若年層にも広がりを見せているほか、『小説 言の葉の庭』『小説 秒速5センチメートル』(ともにKADOKAWA)も売上が約2倍に伸びているとか(16年6月1日~8月31日TSUTAYA店舗書籍販売実績)。

 さらに、8月22日から9月4日までのTSUTAYA店舗書籍、CDアルバム販売実績によると、CDアルバム総合(全ジャンルを含む)販売ランキングでは、同作の音楽を担当したロックバンド・RADWIMPSのサウンドトラック「君の名は。」(Universal Music =music=)が発売から2週間連続で1位を獲得。新海監督の要望を受けたRADWIMPSが、制作初期から作品に携わって制作されたこのアルバムは、発売初週には5.8万枚の売り上げを記録、今週も4.1万枚を売り上げ、RADWIMPSにとっては初となる2週連続でオリコン週間アルバムランキングでも首位に輝いた。また、iTunes週間ソングランキングでは、同一アーティストとしては史上初となる1位から4位までをRADWIMPS楽曲が独占するなど、新たな記録を打ち立てている。RADWIMPSの音楽と映像のマッチングも、映画のヒットの一因になっているようだ。

 なお、試しに、SHIBUYA TSUTAYA店のレンタルコーナーを覗いてみたところ、「新海誠監督作品」の棚には、『ほしのこえ』『星を追う子ども』がそれぞれ8本、『雲のむこう、約束の場所』本が10本、『秒速5センチメートル』が17本、『言の葉の庭』は33本も並んでいたが、すべて貸し出し中になっていた。秋葉原や池袋、中野といったアニメに造詣の深い場所以外にも、ブームは到達しているようだ。

 今週末には“興収60億円超え”も見込める勢いの映画『君の名は。』。一体どこまで数字を伸ばしていくのか、今後も注目したい。

最終更新:9/8(木) 18:00

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。