ここから本文です

105日ぶりに「BBCトリオ」が復活か レアルの“看板3トップ”が次節で今季初お目見えも

Football ZONE web 9/8(木) 11:50配信

チームの全体練習でベイル、ベンゼマ、ロナウドの3人が初めて揃い踏み

 負傷離脱が続いたレアル・マドリードの看板3トップ「BBCトリオ」が、ついに今シーズン初お目見えとなりそうだ。現地時間7日のトレーニングで、ウェールズ代表FWギャレス・ベイル、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの3人が初めて揃い踏みしたと、スペイン紙「AS」が伝えている。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 ロナウドは欧州選手権(EURO)決勝でフランス代表MFディミトリ・パイェのタックルを受けて左ひざを負傷し、全治6週間の診断が下った。本人は1カ月での復帰を目指していたようだが、結局はポルトガル代表でのW杯欧州予選出場を回避し、レアルでのプレーに備えた。先週からシュート練習を再開し、今週に入ってからチームの全体練習にも合流している。

 同じく“負傷組”で、近年はケガがちのベンゼマは8月10日にセビージャと対戦したUEFAスーパーカップで臀部を負傷。フィジカルスタッフとともに慎重に調整を進め、先週ようやくコンディションが整ってきたという。

 そこにAマッチウィークを終えて合流したのがベイルだ。EUROでは2戦連続直接FK弾を決めるなど、初出場のウェールズをベスト4に導く原動力となり、今月開幕したロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選初戦のモルドバ戦でも2得点の大活躍。絶好調をキープしている。

“BBCトリオ復活”は昨季CL決勝以来

 「BBCトリオ」は昨季UEFAチャンピオンズリーグ決勝アトレチコ・マドリード戦以来、100日以上も結成されていない。その間、レアルはユベントスからスペイン代表FWアルバロ・モラタを復帰させるなど前線の陣容を厚くした。特にモラタとポジションを争うと予想されるベンゼマにとっては、現地時間10日に行われるリーガ第3節アラベス戦でメンバー入りできるかどうかがポイントになりそうだ。

 ジダン監督はロナウドのメンバー入りを想定しており、ベンゼマもプレー可能な状況となった。“過去20シーズンで最高の陣容”とファンから大きな期待を集める現チームの中で、フランス人指揮官は真打ち「BBCトリオ」の起用を決断するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/8(木) 11:51

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革