ここから本文です

ダービー迫るペップとモウリーニョ。タイトル獲得の“コスパ”ではペップが圧勝

フットボールチャンネル 9/8(木) 8:20配信

 マンチェスターダービーでの対決が注目されるジョゼ・モウリーニョ監督とジョゼップ・”ペップ”・グアルディオラ監督だが、これまで獲得してきたタイトル1つあたりに費やしてきた補強金額を算出すると、グアルディオラ監督の方がはるかに効率的にタイトルを獲得しているという。6日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』を含む複数のメディアが伝えている。

 今季からマンチェスター・ユナイテッドを率いるモウリーニョ監督と、同じく今季からマンチェスター・シティを率いるグアルディオラ監督は、ともにチームを今季プレミアリーグ開幕からの3連勝に導いた。10日に行われる第4節のダービーマッチは、首位の座も争う今季序盤戦の大一番となる。

 かつてバルセロナとレアル・マドリーの監督としても激突した両者は、近年のサッカー界でも特に多くのタイトルを獲得してきた名将だ。だが、過去10年間に獲得してきたタイトル数と、選手補強に用いた移籍金の合計額の比率を比較すると、グアルディオラ監督がタイトル1つを獲得するために費やした金額はモウリーニョ監督の半分以下となっている。

 2008年からバルセロナを率い始めたグアルディオラ監督は、その後監督を務めたバイエルン・ミュンヘン時代も含めて、計21のタイトルを獲得。補強には合計5億4500万ユーロを用いており、タイトル1つあたりの金額は2590万ユーロ(約29億6000万円)となる。

 一方、モウリーニョ監督は過去10年間ではチェルシー、インテル、マドリーで計14のタイトルを獲得した。補強総額の7億4900万ユーロを14回のタイトルで割ると、1回あたり5350万ユーロ(約61億円)を費やしている計算だ。

 ユナイテッドが移籍金の歴代記録を塗り替える金額でユベントスからMFポール・ポグバを獲得するなど、マンチェスターの2チームはこの夏にも巨額の補強資金を投じた。この出費をタイトル獲得という結果に繋げるべく、まずは10日のダービーマッチでライバルチームから勝利を収められることを両監督ともに願っているだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:9/8(木) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。