ここから本文です

“モウ対ペップ”初激突となるダービーのチケットがプラチナ化! 転売価格が11万円に高騰

Football ZONE web 9/8(木) 14:10配信

因縁渦巻く“マンチェスター・ダービー” 開幕3連勝の両雄が激突する注目の一戦

 今週末のプレミアリーグにおいて最大の注目カードが、マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティによるダービーマッチだが、このゲームのチケットが950ユーロ(約11万円)まで高騰しているという。スペイン紙「AS」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 今週末の10日に、ユナイテッドのホームであるオールド・トラッフォードで開催されるダービーマッチは、すでに正規販売分は完売しているという。現在は、チケットのリセールサイトのみでの取り扱いとなっているが、その価格は1枚あたり約11万円まで値を上げているという。

 今季のプレミアリーグにおいて、このマンチェスターの両雄は互いに名将を招聘したが、その2人は因縁の間柄だ。ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がレアル・マドリード、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナを率いていた当時に、スペインのリーガ・エスパニョーラやカップ戦などで何度となく対戦。そのたびにピッチ上の激しいバトルだけでなく舌戦も繰り広げ、犬猿の仲という印象を世界中に与えてきた。

 その2人の名将がプレミアリーグで初めて激突する今回のダービーは、試合前後の記者会見などの発言にも注目が集まっている。しかし、メインイベントはあくまでもピッチ上の戦い。互いに開幕3連勝と好調を維持している両雄の激突を目の前で見るためには、かなりの高額が必要なことが明らかになっている。プレミアリーグでは近年、移籍金の高騰が話題になっているが、注目カードのチケット代金も上がり続けていくのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/8(木) 14:10

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革