ここから本文です

家に斧を持った強盗が……! 勇敢な6歳の女の子が取った行動とは

女性自身 9/8(木) 18:15配信

ニュージーランド・オークランドに住むサラ・パテルは、世界一勇敢な6歳児かもしれない。

5日、彼女の父が営む小さな電化製品店に武装した6人の強盗が押し入った。そのうちの1人が手斧を振り上げ、従業員に襲いかかろうとした瞬間、小さな人影が飛び出した。店主の娘、サラが彼の危機を救おうと果敢にも強盗につかみかかったのだ。予想外の出来事に強盗は一瞬ひるんだ様子を見せた。「逃げろ」とでも言われたのだろうか。サラは店の奥に駆け戻って行ったが、すぐに別の従業員を外に逃がそうと先導して来た。

一連の出来事は店の監視カメラがすべて記録しており、強盗が逃げ出した後に映像を確認した店主は、娘の勇敢な行動に驚いたという。ローカルテレビ局TVNZのインタビューに応じたパテル氏は、「非常に衝撃的な事件で、しばらくこの子もショックを受けていたようでしたが、素晴らしい働きをしてくれたと思います。本当に勇敢でした。娘を誇りに思います」とコメントした。

強盗集団は盗んだ車に盗品を積んで逃走した。間もなく5人が逮捕されたが、全員が16歳の少年であったという。1人は依然逃亡中だ。5人は加重強盗、傷害の容疑がかけられており、運転手役の犯人はこれに加えて危険運転でも起訴されることになる。

最終更新:9/8(木) 18:15

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。