ここから本文です

激戦必至のマンチェスターダービーは、スペイン人対決にも要注目

フットボールチャンネル 9/8(木) 8:50配信

 マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティが激突する今週末のダービーマッチは、スペイン人対決という点からも注目されている。7日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】欧州美女特集。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 10日(土)に開催されるマンチェスターダービーは、ジョゼ・モウリーニョ監督対ジョセップ・グアルディオラ監督のプレミアリーグでの初の激突ということもあり、全世界の注目を集める一戦となりそうだ。

 そして、上述のマルカ紙でも大々的な記事として取り上げており、「エル・デルビ・デ・マンチェスター・マス・エスパニョール(よりスペイン化したマンチェスターダービー)」と銘打たれ、また違った角度から今回のダービーに注目している。

 シティのグアルディオラ監督はもちろんだが、両チームにはスペイン人選手が主力として数多く控えている。ユナイテッドには、GKダビド・デ・ヘア、MFフアン・マタ、MFアンデル・エレーラが、一方のシティには、MFヘスス・ナバス、MFダビド・シルバ、FWノリートが所属している。

 守護神デ・ヘアに、放出候補から一転、モウリーニョ監督から信頼を勝ち取りつつあるマタ、かたやシティでは、攻撃のタクトを振るうシルバ、早くも2ゴールをマークしているノリートと、両チームともスペイン人選手が重要な役割を担っている。何かと話題の多い今回のダービー。スペイン人対決という視点でも楽しめそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/8(木) 8:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。