ここから本文です

インテル長友に迫る“降格危機” 伊メディアが新加入SBの戦列復帰でベンチ行きと予想

Football ZONE web 9/8(木) 18:08配信

デブール監督が期待するアンサルディ 第4節の王者ユベントス戦で復帰か

 インテルの日本代表DF長友佑都が、ベンチ要員に降格する危機に瀕している。衛星放送局「スカイ・イタリア」が報じている。

2016-17ブンデスリーガMF部門「最新推定市場価格TOP 50」 日本代表10番・香川の名も…

 長友は8月28日のリーグ第2節パレルモ戦を負傷欠場し、その後ワールドカップ・アジア最終予選を戦った日本代表の招集を辞退した。同局のレポートでは「デブール監督は、週末のゲームに向けて長友が起用できるかどうかを見極めようとしている」と、今週末に行われる敵地での第3節ペスカーラ戦で復帰する可能性があることを報じている。

 その一方で、長友は今季獲得したアルゼンチン代表招集歴を持つDFクリスティアン・アンサルディがケガから復帰すれば、ベンチ行きを命じられるとの予想を合わせて報じた。

「アンサルディは今週末のゲームには間に合わないが、デブール監督は翌週のユベントス戦に起用したい。それまでには復帰ができるだろう」

 インテルは9月18日のリーグ第4節で、早くも5連覇中の絶対王者ユベントスとの大一番を迎える。そのビッグゲームにはアンサルディを起用する意向をフランク・デブール監督が持ち、長友はベンチメンバーになるとレポートされている。

ペスカーラ戦は長友にとって勝負の一戦に…

 長友はリーグ開幕戦のキエーボ戦に先発フル出場したものの、現地メディアでは攻撃参加時のプレークオリティーが低いと厳しく指摘されていた。

 昨季から続くサイドバックの飽和状態の中で熾烈なレギュラー争いを強いられながらも、長友はレギュラーの座を奪還して昨季終盤には3年間の契約延長を勝ち取った。チーム最古参となりクラブからの信用は獲得しつつも、ピッチ上での争いが厳しいことを物語っている。

 今週末のリーグ戦で復帰が叶えば、大一番でのスタメン起用へ向けアピールのチャンスになる。“イタリア・ダービー”と呼ばれるユベントス戦、そしてその後のレギュラー獲得へ向け、背水の陣で臨むことになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/9(金) 8:29

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ