ここから本文です

スアレスやネイマールに比肩する! 元イタリア代表の名手が“優勝請負人”イブラを称賛

Football ZONE web 9/8(木) 19:02配信

百戦錬磨の名SBザンブロッタが「素晴らしいプロ意識とモチベーション」と実力を認める

 今週末に控えるマンチェスター・ダービーで活躍が期待されるマンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチだが、かつての同僚で元イタリア代表DFジャンルカ・ザンブロッタ氏から絶賛を受けた。「いまだにスアレス、ネイマールと比較できるベストの選手だ」と、英紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」のインタビューに答えている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ザンブロッタ氏は1990年代から2000年代にかけて活躍したアズーリの名SBとして知られ、06年ドイツ・ワールドカップ優勝メンバーの一員となった。代表だけでなくクラブレベルでも、ユベントスを中心にバルセロナ、ACミランでプレーしてきた。

 そんな百戦錬磨のザンブロッタ氏だが、イブラとは04年から06年にかけてユベントスで、10-11シーズンはミランでチームメートとして共闘した経験を持つ。「僕は二度にわたって彼と一緒にプレーして、彼は素晴らしいプロ意識とモチベーションを持っていた。いつでも彼のことが好きだ」と語る通り、点取り屋としての実力を認めている1人だ。

「ズラタンはどこに行っても素晴らしいプレーを見せてくれる。そして彼はプレーする場所でことごとく勝者となっている」

 豪放磊落な発言で知られるイブラだが、その実績は折り紙付きだ。これまで所属したアヤックス、ユベントス、インテル、バルセロナ、ミラン、そして昨季まで所属したパリ・サンジェルマンと、すべてのクラブでリーグ制覇を成し遂げた。いわば“優勝請負人”だが、34歳となった今もその実力に陰りはないどころか、世界屈指であるとザンブロッタ氏は強調する。

10日に確執のあったペップと因縁マッチ

 ザンブロッタ氏の“イブラ推し”はさらに続く。

「彼はスアレスとネイマールのような、現在のベスト選手と比較されるような選手だ」

 バルセロナの「MSNトリオ」として得点を量産し、昨季はピチーチ(リーガ得点王)に輝いたウルグアイ代表FWルイス・スアレス、自らの直接FK弾で母国に初の五輪金メダルをもたらしたブラジル代表FWネイマールに比肩すると語る。

 スウェーデン代表こそ引退したものの、開幕前に行われたレスター・シティとのコミュニティー・シールドでイブラは決勝点を挙げ、プレミア開幕後3試合で3ゴールと大活躍。その卓越した決定力で、オールド・トラフォードのファンを歓喜させている。

 次戦は現地時間10日のマンチェスター・ダービーだが、イブラにとってはバルセロナ時代に確執のあったペップ・グアルディオラ監督との“因縁マッチ”でもある。唯我独尊のストライカーは全世界注目の一戦で、ワールドクラスの実力を再び誇示できるか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/8(木) 19:02

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革