ここから本文です

ジーコJ、「序列主義」がもたらした弊害。「海外組」と「国内組」の分化。実力主義の破綻【西部の4-4-2戦術アナライズ】

フットボールチャンネル 9/8(木) 10:20配信

 アトレティコの躍進を受けて、復活の感がある4-4-2システム。Jリーグで頻繁に採用される一方で、意外にも日本代表ではそれほど使われてこなかった。だがジーコ監督が率いた日本代表は、3-5-2との併用でありながらも、ボックス型の4-4-2をベースとしていた。ドイツW杯で良い結果を得られなかったジーコジャパンは何が問題だったのだろうか。当時の戦い方を振り返る。(文:西部謙司)

日本は3位 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

チーム崩壊につながった序列主義

 ジーコ監督のチーム作りは「序列」重視だった。メンバーを固定して連係を深めていくという方針である。「黄金の4人」と呼ばれた中田英寿、中村俊輔、小野伸二、稲本潤一のMFが軸になるはずだったが、負傷やコンディション不良で4人が揃ったことはほとんどなかった。

「黄金」の元祖であるブラジル代表のほうも、実はジーコ、ソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾが揃ったのは82年ワールドカップが始まってからで、メンバーを固定してきたわけではない。個々の能力と高い即興性によって成立していたカルテットだった。個の技術と戦術眼が高ければ、高度な連係は可能という好例かもしれない。

 個の能力を信頼し、戦術的な縛りを最小限にとどめる方針は、それまでの日本代表にはなかったやり方だったが、チーム作りとしては珍しくない。効果もそれなりに期待できる。ジーコは日本を去った後、フェネルバフチェを率いてクラブ初のCLベスト8進出を果たしている。トルシエ、オシム、ザッケローニ、アギーレ、ハリルホジッチもそこまでの実績は残していない。ただ、当時の日本には合っていないやり方だった。

 ジーコの能力主義、序列主義は結果的にチームの崩壊につながっている。能力優先はプロとして当たり前で、どのチームにも序列は存在する。そこに実力主義が貫かれているかぎり大きな問題はない。しかし、実力以外の序列が介在すると、この方針は成立しなくなる。日本の問題は、「海外組」と「国内組」という2つのチームを抱え込んでしまったことにあった。

1/3ページ

最終更新:9/8(木) 11:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。