ここから本文です

ロナウジーニョ、現役引退の日は近い? 将来について言及「あと1年プレーしたい」

フットボールチャンネル 9/8(木) 10:40配信

 元ブラジル代表で36歳のロナウジーニョが、自身の将来について言及した。7日に英メディア『フォックス・スポーツ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 かつてバルセロナやミラン、ブラジルリーグなどでプレーしていたロナウジーニョ。2015年9月にブラジル1部フルミネンセを退団した後は、エクアドルのバルセロナ・スポルティング・クラブなどで短い期間だけプレーするなどしていた。

 先日、バルセロナの親善大使に任命されたことが発表され、アメリカ・ニューヨークに新しく開設された事務所でクラブのブランド力強化に向けた活動を行うことになっている。現役引退はまだ表明していないものの、歌手活動を行うなどしてサッカー以外のことにも挑戦していた。

 ロナウジーニョは今後の将来について「僕は良い形で自分のキャリアを終了することができるように、様々な方法を探している。僕の考えでは、あともう1年プレーしたいと思っている。また、僕は音楽とサッカーで新しいプロジェクトに取り組んでいる。これらは、僕が情熱を注ぐことができるものだ」と語り、現役を引退する日が近いことを示唆している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/8(木) 10:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。