ここから本文です

「タクマについて、どれだけ知ってる?」 アーセナル公式サイトが“浅野クイズ”を実施!

Football ZONE web 9/8(木) 23:48配信

ベンゲル監督は浅野の実力を称賛。ブンデス2部への武者修行で出番を増やすプラン

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、シュツットガルトへ武者修行に出したFW浅野拓磨の実力を買うとともに、日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督とミーティングの機会を持ったことをクラブ公式サイトのインタビューで明かしている。

2016-17ブンデスリーガMF部門「最新推定市場価格TOP 50」 日本代表10番・香川の名も…

 ベンゲル監督はかねてから日本有数のスピードを誇る浅野に注目しており、今夏の移籍市場でいち早く獲得を決めた。入団決定時の声明では「タクマは潜在能力を持つ若手ストライカーで、将来に向けて非常にマッチした人材だ。彼は日本で印象的なキャリアのスタートを切っている。そして我々は今後数年間をかけて、彼を成長させていくことに前向きに臨んでいくつもりだ」と語った通り、まずはブンデス2部に所属するシュツットガルトへの期限付き移籍で出番を増やそうというプランを持っている。

 その浅野について、ベンゲル監督は再び公式サイトで期待を寄せている。

「私が彼に走りやテンポ、肉体的な強さのクオリティーを持っていることを見出した。あれだけディフェンダーの背後を取ってチャンスを作る選手は、なかなか見つけられないだろう。それが彼の強みの一つだ。それは強調せねばならない」

 そんなベンゲル監督だが、ロシア・ワールドカップアジア最終予選でのメンバー発表では、ハリルホジッチ監督がリオデジャネイロ五輪後の浅野について「私も直接ベンゲルに電話して、『日本でなぜ15日も20日も休まなければならないのか』と話した」と、怒りを露わにした件についても触れている。

「私は彼を強く信じる人間の一人だ。なぜならば偶然にも日本代表の監督と会う機会があり、彼もアサノを強く信じているからね」

 このようにハリルホジッチ監督とのいきさつも穏便に済ませようとしている。アーセナルの名将、そして日本代表監督からも期待を寄せられている浅野だが、今週末のリーグ第4節は現地紙でベンチ予想となっている。いち早くドイツのスタイルに慣れてアピールできるか。

1/2ページ

最終更新:9/9(金) 8:29

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革