ここから本文です

ポグバではなくイグアイン。適正価格との比較、この夏最も“高すぎた”選手が発表

フットボールチャンネル 9/8(木) 11:10配信

 FIFA(国際サッカー連盟)の公式機関CIES(スポーツ研究国際センター)の調査によれば、この夏の移籍市場で”適正価格”と比較して実際に支払われた移籍金が最も高かった選手は、ナポリからユベントスへ移籍したFWゴンサロ・イグアインだったという。同機関が5日に発表を行っている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド 欧州の美しきサポーター特集

 CIESは選手の年齢やパフォーマンス、経歴など様々なデータを用いて、各選手の客観的な適正価値を算出。その金額と、今夏の移籍市場で選手が移籍する際に支払われた金額を比較し、差額が最も大きかった選手のランキングを発表した。

 移籍金9000万ユーロでナポリからユベントスへ移籍したイグアインだが、CIESによれば適正な価値は6620万ユーロだという。ユベントスは、実際より2380万ユーロ(約27億円)も高い買い物をしたということになる。

 2位はマンチェスター・ユナイテッドがビジャレアルから獲得したDFエリック・バイリーで、適正価値1490万ユーロに対して実際の移籍金3840万ユーロ。差額は2350万ユーロでイグアインよりわずかに低いが、比率で言えばユナイテッドは実際の価値の2.5倍以上を支払ったという計算だ。

 3位以下には、セビージャからアトレティコ・マドリーへ移籍したFWケビン・ガメイロ、クリスタル・パレスからエバートンへ移籍したMFヤニク・ボラシエ、ボルシア・メンヘングラードバッハからアーセナルへ移籍したMFグラニト・ジャカが続いている。ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドへ”史上最高額”で移籍したMFポール・ポグバは、実際の移籍金1億1000万ユーロに対して適正価値9480万ユーロ(差額1520万ユーロ)だとして9位に名を連ねた。

 また、CIESは今夏の移籍市場で最も”売り上手”だったクラブのランキングも発表。ガメイロのほかMFグジェゴシュ・クリホビアク、FWチーロ・インモービレ、FWフェルナンド・ジョレンテ、DFコケを放出したセビージャが、適正額5950万ユーロの選手たちを合計9440万ユーロで売却し、合計3490万ユーロ(約39億8000万円)の得をしたクラブだったと発表している。2位にはクリスタル・パレス、3位にはナポリが続いた。

フットボールチャンネル

最終更新:9/8(木) 11:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。