ここから本文です

選手22人の価値は915億円。マンチェスターダービーは”史上最高額の一戦”に

フットボールチャンネル 9/8(木) 11:20配信

 今週末に開催されるマンチェスター・ダービーは、両チームの先発選手の価値の合計額がサッカー界の歴史上最高額に達する試合になるという。7日付の英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

【写真】欧州美女特集。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ユナイテッドとシティはともに開幕から3戦全勝を収めており、今回のダービーマッチは首位の座を懸けた大一番。ジョゼ・モウリーニョ監督とジョゼップ・グアルディオラ監督の名将対決にも注目が集まる。様々な点で世界中から関心の目が集中する一戦には、”史上最高額のマッチアップ”という一面もある。

 ユナイテッドがユベントスから歴代最高額の移籍金で獲得したMFポール・ポグバも含め、シティ戦での先発が予想されるユナイテッドの11人がクラブに加入した際の移籍金の合計額は3億5055万ポンド。フリートランスファーで加入したFWズラタン・イブラヒモビッチの金額をゼロとしても、他の10人だけでこの金額となる。

 一方のシティは、昨年夏にクラブレコードで獲得したMFケビン・デ・ブルイネを筆頭に、予想先発11人の合計額が3億2185万ポンド。両チームの22人を合計すると、実に6億7240万ポンド(約915億円)の選手たちがピッチ上でぶつかり合うことになる。

『スカイ・スポーツ』によれば、現在までに先発22人の移籍金の合計額が最も高かった試合は、2015年11月に行われたレアル・マドリー対バルセロナの”エル・クラシコ”だという。マドリーの11人の合計額は3億7045万ポンドで、今回のダービーマッチのユナイテッドを上回っているが、加入時に移籍金の発生していない下部組織出身選手が3人含まれたバルサは1億9155万ポンドにとどまり、両チーム合計で5億6200万ポンド(約765億円)だったという計算だ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/8(木) 11:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。