ここから本文です

IS、独自のサッカールールを適用。負傷を負わせた選手には「同害報復」の罰則

フットボールチャンネル 9/8(木) 16:50配信

 ISでは、サッカーの試合を行う際、通常のルールとは異なるルールが適用されることになるようだ。公益財団法人中東調査会が、シリアの反体制派寄り広報機関『シリア人権監視団』の発表を5日に報告している。

【動画】本田、子どもたちに“成功の3ヶ条”を熱血指導

 シリア軍とISによる紛争が続くダイル・ザウル県でサッカーの試合を行う場合、FIFAが通常に定めたルールではなく、「シャリーア」に基づいたルールで行われることになるという。

「シャリーア」とは、イスラム教徒が守るべき儀礼的日常的生活規範で、コーランと預言者ムハンマドの言動を法源とする法律であり、ISは選手らに対して「アッラーの啓示と預言者スンナ」に背くルールに基づく試合をしないよう求めている。

 選手が負傷を負うファウルが起きた場合、イエローカードなどの警告を与えるのではなく、上記の教えに則って負傷を負わせた選手に「同害報復」の罰則が科されることになる。

 公益財団法人中東調査会によれば、「シリア人権監視団の発表だけではサッカーのルールの『シャリーア化』がコーランやスンナのどのような記述に依拠しているのか、或いはこれに則ってサッカーの競技を正常に運営できるのかについては不明である」としている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/8(木) 17:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。