ここから本文です

ことばのパワースポット「ことだま」の秘密を知って自分を変える! 人の運勢も変えてしまう!「ことだま」のパワーを使いこなす1冊

ダ・ヴィンチニュース 9/8(木) 6:30配信

 言葉の音には魂が宿るという意味の「言霊(ことだま)」。日本では古くから、五十音すべての音に意味が込められており、言葉を声に出せば、物事が現実になると考えられてきた。『願いが叶うことだま帖 言うだけでしあわせに近づく!』(天馬 黎:監修/自由国民社)は、唱えるだけで、運が引き寄せられるという「ことだま」のすべてがわかる一冊だ。「ことだま名前うらない」を確立した天馬黎氏は『古事記』の音の響きに魅せられたことから、ことだまの読み解きをはじめた「ことだま研究家」。ここで、本書から自分の開運ポイントの見つけ方を紹介しよう。

実現したい未来を、ことだまが引き寄せる

言葉の持つ意味と役割は、「かな」文字の母音と行から、ひも解ける。「ことだま」のパワーを発揮させるためには、音の持つ意味を理解し、言葉を声に出すことが大切だ。ポジティブで愛に満ちた言葉を相手に伝えたり唱えたりすれば、良い振動が身体や心を揺さぶるため、気の巡りがよくなり運気は向上する。逆にネガティブな言葉は、投げかけられた相手だけでなく、発した本人の運気も下げるので要注意だ。

運気をアップさせる、ことだま

 金運・恋愛運・仕事運など、運気をアップさせる「ことだま」がある。意味を理解して発することで運を引き寄せる効果があるので、意識的に使ってみたい。たとえば金運アップに効くことだまは、「あっぱれ」「おかげさま」「たまさか」など。特に優れているのは、「やおろづのかみ(八百万神)」。この7つの音は獲物を捕るための響きが満たされているバランスのいい「ことだま」だという。また、恋愛運アップに効くことだまは、「あいむつみ」「はんなり」「ときめき」など。巫山(みこ)の意味がある「たまよりひめ」は、神社で御朱印をもらうとことで、さらに恋愛運をアップさせるという「ことだま」だ。

 また、神主さんが神様に向かって宣る(のる)祝詞(のりと)は、邪気を祓い、気の巡りを安定させる「ことだま」だそう。本書に掲載されている祝詞を、神社の参拝時や神棚の前で唱えると、より神のご加護を得られるという。

「名前」は、自分の「取扱説明書」

 神様が宿るとされている「名前」には開運のヒント、幸せになるためのヒントが隠されている。五十音のことだまから、名前に込められた運命や役割をひも解き、自分の本質を知り、人との出会いや日々の出来事を楽しもう。名前の一文字目の「ことだま」には、性格や運勢を表すもので、とくにパワーが強いものだという。ほかの文字からは、使命、才能、他人から見た印象などがわかる。

 古代から、日本で脈々と受け継がれてきた「ことだま」。日本人のDNAに組み込まれてきた「ことだま」を唱えることで、穢(けがれ)を祓(はら)い、自分の願う未来を引き寄せることができるのだ。『願いが叶うことだま帖 言うだけでしあわせに近づく!』は、知れば知るほど奥深い「ことだま」のパワーに引き込まれる一冊だ。

文=泉ゆりこ

最終更新:9/8(木) 6:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。