ここから本文です

池上彰がアメリカ人だったら…米国で超注目!イケメン未来学者が、“あなたが暮らす未来”を大予測!

ダ・ヴィンチニュース 9/8(木) 11:00配信

 アメリカでいま注目のイケメン未来学者、アレック・ロス氏をご存知だろうか? 日本でいうところの池上彰氏のような存在で、非常に幅広い知識を持ち、それを分かりやすい語り口で私たちに説明してくれる。大統領候補のヒラリー・クリントン氏が国務長官時代に同省で上級副顧問に抜擢され、オバマ大統領の選挙戦でも活躍した経歴を持つ、筋金入りのエリートだ。

 そんなロス氏の著書『未来化する社会』(アレック・ロス:著、依田光江:訳/ ハーパーコリンズ・ジャパン)が、米国大手ネット書店で売上1位となるなど、全米で絶賛され話題を呼んでいる。

 タイトルにもあるように、私たちの暮らす未来について書かれた本書。ロス氏が執筆に至った経緯には、このような思いがあった。

私がまだ学生で、インターネット革命の夜明けだったころ、私は将来についてはなんの予感ももち合わせていなかった。あのころ、次にどうなるのかを予測した本を読んでいたらよかったのにと思う。

 ロス氏は、その後の輝かしいキャリアを通して、世界中で様々な変化を目撃し、将来がどうなっていくのかを察知できる立場に就くことができた。その経験や知識から導き出した未来の世界を解説しているのが本書であり、「イノベーションとグローバル化の次の波が、国と社会とわれわれ自身にどう影響するのか」を知りたい方に向けて書かれている。

 「イノベーション」「グローバル化」など、よく耳にはするが、なんだか難しそう…と敬遠してしまう方もいるだろう。が、心配は無用。本書では、この先知っておくべきトピックに限定し、それぞれ具体的な例を挙げ、専門的な内容も噛み砕いて分かりやすく説明してくれている。つまり、ビジネスパーソンから就職活動中の学生まで、未来がどう変わるのかを知りたい方であれば、誰にでも役立つ内容なのだ。

 本書で注目するのは、ロボットやゲノム、暗号解読など6つの産業がもたらす大変革(パラダイムシフト)。例えば、アメリカでは職の47%がロボットに奪われるリスクが高く、19%にも中程度のリスクがある。ホワイトカラーであっても、弁護士助手のように自動化が容易にできそうな職は安心できないと指摘する。その一方で、アフリカでは携帯電話を持つ人が2002年の3%から2016年現在は80%以上と、目覚ましい成長を遂げている。結果、世界中の特に20代や30代の若い投資家の注目を集めるようになったなど、変化によってもたらされる恩恵とリスクを具体的に紹介。トピックの豊富さと説得力は、世界80万キロを行脚した著者ならではだ。

 ニュースなどでも取り上げられることの多いトピックばかりなので、筆者もある程度は知識があるが、ロス氏の知見の深さは想像をはるかに超えるものだった。難しい内容のはずなのだが、キーパーソンの発言を織り交ぜながら、専門家としての考察を丁寧に述べており、すんなりと頭に入ってくる。将来の変化の波に備えて、多くの方に読んでいただきたい一冊だ。

文=松澤友子

最終更新:9/8(木) 11:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。