ここから本文です

モデルルーム巡りをする26歳・居酒屋社員・独身女子を描いた『プリンセスメゾン』実写ドラマ化決定に大反響!

ダ・ヴィンチニュース 9/8(木) 17:30配信

 運命の物件に出会うためにモデルルーム巡りを繰り返す、26歳・居酒屋勤務の女子を描いた人気漫画『プリンセスメゾン』が2016年10月25日(火)から実写ドラマ化されることが決定した。これには「えーーーこれはよい企画!」「漫画の実写化は苦手だけどプリンセスメゾンは実写に向いてる! 楽しみだ~」「うそっ!? 嬉しい! 録画忘れないようにしなきゃっ」とあちこちで期待の声が上がっている。

 『プリンセスメゾン』は無料WEB漫画サイト「やわらかスピリッツ」にて、2014年8月より連載開始された池辺葵の作品。東京の高層ビルが立ち並ぶ街の中の小さなアパートに住む独身女性・沼越幸が、休日の日課として通うのは街にあるマンションギャラリー。彼女を迎える持井不動産のギャラリーでは、案内係を務める伊達政一、受付の要理子、阿久津、新人研修中の奥田君が働いている。カップルや家族連れに紛れて、真剣な表情でモデルルームを吟味し、プロ顔負けの質問をする幸は、不動産会社スタッフの中で1つのミステリーとなっていた。なぜ彼女は一人でマンションを買おうとしているのか? 幸が「家」を失った過去に光が当てられていく――。

 同作の読者からは「“食”をテーマにした作品は数あれど、“住”をテーマにした漫画は初めて読んだ! 斬新で面白い!」「さらりとやさしい絵、ときにチクリと胸を刺す沼越さんの孤独感、しみじみと心に響きます」「絵の静謐さが見事。漫画から静けさと寂しさが溢れ出てくるのをこの漫画で初めて知った」「都市に住む人間の孤独感を引き立たせながら、ストーリーはほろっと温かく、胸に迫るものがある! 久~しぶりに心の底から素敵と思える漫画に出会えた」と聞こえてくるのは絶賛の声ばかり。同作は「このマンガがすごい! 2016」でオンナ編の10位を獲得し、「第3回フラウマンガ大賞」でも特別賞を受賞している。

 多くのファンから傑作と称えられている同作を描く作者・池辺葵は、2009年に漫画誌『Kiss PLUS』に掲載した『落陽』でデビュー。その後『繕い裁つ人』を連載。着る人が一生を共にできる服を作り続ける洋裁店の店主・市江と、彼女の服に惚れ込んだ百貨店に勤める藤井の絶妙な距離感が優しい語り口で描かれ、多くの熱いファンの支持を得た。『繕い裁つ人』は『このマンガがすごい! 2012』のオンナ編で17位を獲得し、2015年1月には実写映画化もされている。

 また、2014年に漫画誌『エレガンスイブ』にて連載をスタートした『どぶがわ』では、高級住宅が連なる丘の下、臭気漂うどぶ川のそばに住む老婆の楽園を描いている。富裕層の豪奢な生活と貧しい老婆の見る夢が交錯した時、世界の奇跡的な美しさが立ち上ってくる―。老婆の夢と彼女をとりまく現実が、素朴なタッチで描かれた同作には「地味な話なのに、なぜか涙が止まらなかった」「静かで穏やかな老婆の生活に癒され、時に切なくなり、ずっと心の琴線がかき鳴らされていた」「こんなに胸に染み入るマンガ、読まずには死ねない」と感動を訴える読者が続出。同作は「第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞」を受賞し、名実ともに傑作の仲間入りを果たした。

 そんな読者の胸を震わせてやまない池辺の『プリンセスメゾン』ドラマ化にあたり、沼越幸を演じるのは、いま勢いに乗っている女優・森川葵。森川は2012年に青春映画「Love ToRAIN-ラヴトレイン-」で女優デビューし、主演サキを初々しい演技で務め上げた。その後は衝撃作と謳われた『渇き。』で長野智子役を、ドラマ「ごめんね青春!」で阿部あまり役などを演じ、その演技力の高さが話題に。その他にも映画やドラマに数多く出演し、透明感のあるヴィジュアル、役柄によっては坊主姿も辞さない女優魂で多くのファンを抱えている。

 ドラマ化決定と森川の主演抜擢に、原作ファンは「プリンセスメゾンドラマ化!? めちゃめちゃ嬉し~~~! 森川葵ちゃんも素敵な女優さんだし、絶対いい作品になる」「ついにドラマ化きたか! しかも森川葵ちゃんとか、光るものあるし応援したくなっちゃう!」「これは久々に楽しみなドラマきたな! 録画必須です!」「マジで!? あの傑作漫画がドラマ化とか見逃すわけにいかないじゃないの! 期待してますよ」と大反響が上がっている。

 出演について森川は「自分が今1番向き合っているものは何か。と聞かれた時、1人暮らしをしている私は『家』と答えるかなと考えました。今私のことを側で1番支えてくれてる相手だと思っています。そんな家をテーマにした今回のこのドラマは、人生最大に近い『物』を買うための知識が学べるだけではなく、人との『輪』の繋がり方や『生きて暮らしていく意味』などが沼越幸を通して学ぶことができるのではないかととてもわくわくしています」と期待感を滲ませている。

 また、作者の池辺は「『プリンセスメゾン』ドラマ化、とても嬉しいです」「マンション購入について、ローンについて、1人で生きることについて、いろんな価値観を見せてくれるドラマになるのではないかと思います」「どんなふうに演じられ、どんなふうに表現されるのか、どんな背景があり、どんな音が聞こえ、どんなシーンを撮られるのか、今からとても楽しみにしています」とコメントを寄せている。

 “家”という珍しいテーマを題材にとり、多くの読者の心を震わせた傑作『プリンセスメゾン』。実写ドラマ化によって漫画の空気感がどのように反映されるのか、原作を読みながら楽しみに放送を待とう。

■ドラマ「プリンセスメゾン」
放送日:2016年10月25日(火)~12月13日(火)※予定 毎週火曜日
放送時間:23:15~23:44
放送局:NHK BSプレミアム
原作:池辺葵
出演者:森川葵 ほか

最終更新:9/8(木) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。