ここから本文です

iPhone版スーパーマリオ発表 任天堂株は25%の急伸

Forbes JAPAN 9/8(木) 12:15配信

9月7日、アップルの新iPhone発表イベントの余波で、米株式市場では任天堂の株価が急伸した。当日はスーパーマリオの生みの親として知られるゲームデザイナー、宮本茂がサプライズで登壇。スーパーマリオのiOSバージョンを発表した。さらに、ナイアンティック社CEOのジョン・ハンケも登壇しポケモンGOのアップルウォッチ版も披露した。



任天堂の株価は当日の取引終了時刻までに25%以上の上昇となり、ポケモンGOの発表直後につけた今年の最高値に迫る勢いとなった。7月に任天堂はポケモンGOの開発が外部企業のナイアンティック社によるもので、同社の業績に与える影響は軽微であるとの発表を行った直後、株価は大きく下落していた。

しかし、今回のiOSゲーム「スーパーマリオ・ラン」は任天堂が自社で開発したゲームだ。このタイトルは中規模なヒットに終わったMiitomoに次ぐものだが、同社のプレミアムコンテンツのゲーム化という点で大きな注目を集めている。プレイヤーはこのゲーム内でコインを集めつつ、2D空間を疾走する。

任天堂の株価は一時的に大幅に下落したというものの、年初と比較すると7月、8月を通じ60%増しの高値となっている。ポケモンGOの熱狂は去ったかもしれないが、Think Gaming のデータによるとiPhoneゲームの売上ランキングでは依然トップのポジションをキープしており、iOSの無料ゲームでも上位5位圏内に入っている。

今後の予定としては、任天堂は11月18日に「ポケットモンスター サン・ムーン」を3DS向けにリリースする。

ポケモンGOでモバイル進出を果たした任天堂は、今回のスーパーマリオ・ランで本格的にモバイルゲーム市場に打って出ることになる。このゲームは今年12月にiPhone向けの無料ゲームとしてリリースされる。任天堂はまた、「ファイアーエムブレム」「どうぶつの森」の2タイトルのモバイル版のリリースも予定している。

Matt Perez

最終更新:9/8(木) 12:15

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント