ここから本文です

【天皇杯】延長後半に中町弾!苦しんだ横浜が2-0でJ3福島を下す

SOCCER DIGEST Web 9/8(木) 5:52配信

横浜が苦しみながらも福島に勝利

 9月7日、第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦の横浜対福島がニッパツ三ツ沢球技場で行なわれ、横浜が福島に2-0で勝利した。
 
 試合は立ち上がりから格上のマリノスが攻勢に出る。9分、左サイドで抜け出した伊藤が折り返しのボールを送ると、中央で前田が合わせ相手ゴールを脅かす。16分には右サイドの小林からボールを受けた伊藤がシュートを放つも枠を外れた。
 
 対する福島は30分に前田、37分にロドリゴがシュートを放つも、枠を捉えられず、相手ゴールを脅かすことができない。互いに決め手を欠いたまま前半を終えた。
 
 迎えた後半、格下の福島が攻勢に出た。48分、橋本からのパスを受けた樋口がシュートを放つと、58分にはカウンターの展開から左でボールを受けたロドリゴがシュート。精度を欠いたものの、徐々に相手ゴールに迫る。
 
 劣勢に立たされた横浜は63分、富樫に代えてカイケ、金井と交代でマルティノスを投入。すると、直後に横浜はビッグチャンスを迎える。67分、左サイドバックにポジションを移した前田が齋藤のスルーパスに抜け出し、GKと1対1。だがシュートはクロスバーをかすめ、得点には至らなかった。
 
 90分で決着はつかず、試合は延長戦に突入。迎えた延長後半の107分、横浜はCKを得るとゴール前のこぼれ球に中町が反応。このシュートがゴールネットを揺らし、ついに横浜が均衡を破った。
 
 横浜は115分にもカウンターからカイケがゴールを挙げ、2-0で試合終了。J3相手に決め手を欠いた横浜が延長戦で2点を奪い、なんとか3回戦に駒を進めた。
 

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!

最終更新:9/8(木) 5:52

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。