ここから本文です

【日本代表“決定的瞬間”】美しきカットインからの一撃

SOCCER DIGEST Web 2016/9/8(木) 12:00配信

途中出場の宇佐美が、際どいシュートを2発、お見舞いする。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 アディショナルタイムの表示は4分。原口に代わり、90+1分に投入された宇佐美には、わずか3分しかプレータイムが残されていなかった。
 
 その限られた時間の中で、背番号11は2本の際どいシュートを放っている。いずれも左サイドからカットインし、右足でファーサイドを狙ったもの。中に切れ込んでからシュートまでの動作には無駄がなく、惜しくも枠を捉え切れなかったが、非凡なシュート技術が凝縮されていた。
 
 この試合、宇佐美投入の前に、武藤(82分IN)、小林(86分IN)の両FWが途中出場している。彼らふたりのシュート数はゼロ。宇佐美のゴールに対する貪欲な姿勢は、必ず次につながるはずだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!

最終更新:2016/9/8(木) 12:30

SOCCER DIGEST Web

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。