ここから本文です

【日本代表“決定的瞬間”】美しきカットインからの一撃

SOCCER DIGEST Web 9/8(木) 12:00配信

途中出場の宇佐美が、際どいシュートを2発、お見舞いする。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 アディショナルタイムの表示は4分。原口に代わり、90+1分に投入された宇佐美には、わずか3分しかプレータイムが残されていなかった。
 
 その限られた時間の中で、背番号11は2本の際どいシュートを放っている。いずれも左サイドからカットインし、右足でファーサイドを狙ったもの。中に切れ込んでからシュートまでの動作には無駄がなく、惜しくも枠を捉え切れなかったが、非凡なシュート技術が凝縮されていた。
 
 この試合、宇佐美投入の前に、武藤(82分IN)、小林(86分IN)の両FWが途中出場している。彼らふたりのシュート数はゼロ。宇佐美のゴールに対する貪欲な姿勢は、必ず次につながるはずだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!

最終更新:9/8(木) 12:30

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。