ここから本文です

【日本代表】岡崎が危惧する日本の弱点は"バランス"。「誰かひとりで大きく変えられる問題ではない」

SOCCER DIGEST Web 9/8(木) 6:00配信

オーストラリアやサウジと対戦する時には、「もっとチームとして仕上がってないと」。

 2-0で勝利を飾ったタイ戦後のミックスゾーンで、岡崎が日本の課題を口にした。
 
「全体像を見ると、バランスが大きく崩れる瞬間もある」
 
 18分に原口のゴールで先制した後、日本は圧倒的に試合を支配した。にも関わらず、なかなか追加点が奪えなかった。そうするうちに集中が切れたのか、岡崎が言う「バランスが大きく崩れる瞬間」が訪れる。70分に最終ラインの裏のスペースを突かれ、GKとの1対1という決定機を作られたのだ。

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!

 GK西川のビッグセーブがなければ、1-1の引き分けで終わっていた可能性もあった。岡崎にとっては、”勝ったから良い”で終わらせられる問題ではなかった。
 
 日本は過去のワールドカップ予選でも格下相手に攻めあぐねて、カウンターでひやりとさせられる場面を何度も作られている。しかし、いつまでたっても同じ失敗を繰り返してしまう。長く代表のレギュラーとして活躍する岡崎は、それをチームとしての"意思統一"が足りないためだと見ている。
 
「僕だけじゃあんまり変わらない部分だなと。それに、誰かが変わったからといって大きく変わるような問題ではないというか、全員でこの問題に取り組んでいかないといけないと思う」
 
 今後、最終予選では、オーストラリアやサウジアラビア、イラクといった強豪との対戦が待っている。
 
「どんどん強い相手になってくる。サウジもそうだし、オーストラリアやイラクあたりはUAEよりも強いと思う。そういうチームと対戦する時に、もっとチームとして仕上がってないと。やっぱり仕上がりっていうのもバランスだと思うんです」
 
 代表チームが一緒にトレーニングできる時間は少ないが、岡崎が言う「バランス」を整えることができるのか。まずは10月シリーズ(6日/イラク戦、11日/オーストラリア戦)の2試合に注目したい。


 

最終更新:9/8(木) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。