ここから本文です

100日超ぶりにバルサ合流のネイマール「週末のリーガ出場が楽しみ」

SOCCER DIGEST Web 9/8(木) 10:50配信

メッシも順調に回復し、リーグ3試合目で「MSN」が出揃う?

 先のロシア・ワールドカップ南米予選で、エクアドル戦、コロンビア戦に出場し、いずれの試合でもゴールを挙げて連勝に大貢献したブラジル代表のネイマールが、7日にバルセロナへ戻って来た。
 
 5月23日にコパ・デル・レイ決勝(セビージャに勝利)を戦ったのを最後に、ネイマールはバカンスに入り、その後、リオデジャネイロ・オリンピックにオーバーエイジ枠で出場し、初の金メダル獲得に母国を導いた。
 
 リオ五輪後もルイス・エンリケ監督から休暇を与えられたネイマールは、前述の通り9月1日、6日にW杯南米予選に出場した。つまり、昨シーズンの最終戦から、実に100日以上もバルサを離れていたわけだ。
 
『ESPN』によると、バルセロナ近郊のエル・プラット空港に到着したネイマールは、待ち受けたメディアに対し、「土曜日のアラベス戦でプレーするのを楽しみにしている。でも、まずは自宅に帰ってゆっくりしたい。練習はそれからだ」と語っている。
 
 このようにやる気満々のネイマールだが、今シーズンはここまで一度もバルサで練習も試合もこなしていない彼を、わずか数日の練習でL・エンリケ監督はピッチに送り出すのか。その判断が注目される。
 
 なお、今回の南米予選にはネイマールだけでなく、「MSN」の他の2人も出場し、ウルグアイ代表のルイス・スアレスはアルゼンチン戦、パラグアイ戦に出場し、後者の試合では1ゴールを挙げた。
 
 アルゼンチン代表のリオネル・メッシは1日のウルグアイ戦ではゴールを挙げて勝利に貢献したが、鼠径部、左足の内転筋の負傷のため、次のベネズエラ戦を欠場。当初はアラベス戦の出場は難しいといわれていたが、回復具合は良く、出場の可能性が高まっているという。
 
 ネイマール抜きで戦った今シーズンのリーガ2試合では、“代役”アルダ・トゥランも活躍し、圧倒的な強さを見せたバルサだが、3試合目にして「MSN」が今シーズン初めてピッチ上に顔を揃えることになるのだろうか。
 
 ちなみに、バルサは土曜日にアラベスとのホームゲームを戦った後、来週火曜日、チャンピオンズ・リーグのグループステージ初戦で、スコットランドのセルティックをカンプ・ノウに迎えることとなる。

最終更新:9/8(木) 10:54

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。