ここから本文です

アレクシス・サンチェスが自身をメッシ、ロナウドと比較! 結果は?

SOCCER DIGEST Web 9/8(木) 16:57配信

僕は、サッカーではずっとエリートとして過ごしてきた――。

 リオネル・メッシとクリスチアーノ・ロナウドは、どちらが世界一の選手か?――。
 
 この論争は世界中のあらゆるところで展開され、選手、OB、解説者ら、様々な立場の人間が、これに言及している。
 
 最近では、バルセロナ時代のチームメイトだったシャビが、「世界最高はレオ(メッシ)に決まっている。クリスチアーノも図抜けた選手だが、レオと同じ時代に生まれたのは不運だったね。2人を比較するのは、マドリードの人間ぐらいだろう」と持論を述べている。
 
 ともに所属クラブで多くのタイトルを勝ち取り、個人としては技術とスピードを活かし、信じられないペースでゴールを重ね、得点王のタイトルを毎シーズンのように争ってきた2人が、世界でも突出した存在であることは間違いないだろう。
 
 しかし、アーセナル所属のチリ代表FW、アレクシス・サンチェスは、この論争に加わるのではなく、自身とこの偉大なビッグ2を比較したと、『El Grafico』が伝えている。
 
「僕はこれまで、サッカーではずっとエリートとして過ごしてきた。子どもの頃から、世界一の選手になりたいと思ってプレーし、どのチームでも一番であり続けてきたんだ。メッシやクリスチアーノと比べても、自分を卑下することはない。僕には、2人と同じ力があるからね」
 
 そう語る彼だが、メッシとともにプレーしたバルセロナでの3シーズンについては、厳しいポジション争いを強いられ、怪我に苦しめられたこともあって「バルサでは、あまりモチベーションが上がらなかった」とも告白している。
 
 チリ代表としては、2年連続の南米王座獲得に貢献し、今夏の決勝ではメッシのアルゼンチンを下したA・サンチェス。大型補強を施した今シーズンのアーセナルで、自信通りの世界一のプレーを披露できるか。

最終更新:9/8(木) 17:31

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革