ここから本文です

【清水】3か月ぶりに実戦復帰の大前元紀が5得点に絡む!! 11日・山形戦でのベンチ入りも濃厚に!?

SOCCER DIGEST Web 9/8(木) 21:08配信

1得点・3アシストと大車輪の働きを披露。

 清水は8日、大阪商業大との練習試合(45分×2本)を行ない7対0で勝利した。この試合で、6月8日の町田戦で左第5~8肋骨骨折と肺を挫傷したキャプテンの大前元紀が、3か月ぶりに実戦復帰。5得点に絡む働きを見せ、山形戦(11日)でのベンチ入りへ前進した。
 
 怪我が癒え先週からチーム練習に合流していた大前は、2トップの一角で2本目から出場。相手の最終ラインと中盤に生まれたスペースで、味方からボールを引き出し攻撃を活性させるだけでなく、相手の背後を狙い果敢にゴールへ迫った。
 
 すると、正確なパスさばきで3点目の起点になった直後には、長谷川悠のラストパスに抜け出して4点目を奪取。勢いは衰えず、プレースキックやスルーパスで3アシストと、大車輪のパフォーマンスを披露した。
 
 久しぶりとなる実戦での出来に、本人は「相手が大学生でもあるし、普通です」と控えめに話しつつも、「うまくみんなを使うことを意識した。それぞれの特徴は出せたと思う」と手応えを掴んだ様子も見せた。
 
 また、山形戦(11日)でのベンチ入りに向けては、「90分やれるかはやってみないと分からないけれど、普通にゲームができたのは良かったですし、そこ(山形戦)を目指してリハビリしてきた。まだ練習でアピールするチャンスもあるので、メンバーに入れるように頑張りたい」と意欲的だ。
 
 小林伸二監督も「精度が高い」とこの日のパフォーマンスを褒め称え、「ベンチに置いておくと、相手も嫌なのかな」と、大前のベンチ入りを示唆。「明日のリバウンドも見なければいけない」(小林監督)と慎重な姿勢も見せたが、いずれにせよ、頼れるキャプテンの復帰は間近だと言えそうだ。

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:9/8(木) 21:25

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。