ここから本文です

チケット自動購入ソフト"チケットボット"と音楽業界終わりなき戦い

ローリングストーン日本版 9/8(木) 20:00配信

アデル、チャンス・ザ・ラッパー、リン・マニュエル・ミランダをはじめ多くのアーティストが、チケット自動購入ソフト"チケットボット"を非難している。チケットボットはファンにとってメリットなのか、デメリットなのか?

100組を超える国内アーティストら、チケット高額転売取引防止を求める共同声明を発表

例えば、ブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』の主役でクリエーターでもあるリン・マニュエル・ミランダが、何千枚という大量のチケットをすくい取っていく自動購入ブログラム"チケットボット"を利用して法外な価格で転売するような行為の排除に乗り出したとしても、ダフ屋のマーケットは消滅しそうにない。2016年初頭、ブロードウェイの人気ミュージカル『ハミルトン』の2万枚のチケットがひとつのボット・プログラム経由で転売された。100公演分のチケットが法外な価格で転売されたことにより、ダフ屋は1,550万ドルの利益を上げたという。この事態に対しミランダは2016年8月初旬、チャック・シューマー上院議員と協力し、チケットボットの利用者に対し最高1万6千ドルの罰金を科す法案を可決するよう働きかけている。「ダフ屋によるチケット価格の釣り上げにとても脅かされている」とミランダはローリングストーン誌に語っている。

ライヴ・コンサート・ビジネス界でチケットボットが大きな問題となっている中、とあるソフトウェア・デベロッパーが何十万枚ものチケットをチケットボットを使って購入し、StubHub(チケット売買サイト)経由で3,100万ドルで転売した。しかし80億ドルともいわれるチケット転売マーケットの規模からすると氷山の一角でしかない。「チケットボットの世界は全く不透明で、R2-D2を攻め立てたところでなんの意味もない」と、See TicketsのCEOロブ・ウィルムズハーストは言う。イギリスに本社を置くSee Ticketsはアデルのイギリスツアーのチケットを取り扱い、ロサンゼルスにも支社を出している。

1/3ページ

最終更新:9/8(木) 20:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。