ここから本文です

元FACT新バンドJoy Opposites結成秘話:「自分たちで壁を作ったら終わりだと思った」

ローリングストーン日本版 9/8(木) 18:00配信

FACTの解散から約9カ月、ついに活動を開始した新バンドJoy Oppositesの初登場インタヴュー。

元FACTの3人による新バンドSHADOWSの音楽性:「とにかく "速いの中毒" だった」(後編)

FACTとは一味も二味も違った、90年代オルタナティヴ・ロックの匂いを感じる音楽性が特徴的な彼らだが、どういった経緯でその方向へシフトしていったのか。解散から結成、楽曲制作の裏側を聞くことで、彼らの新しいヴィジョンと音楽性を紐解いていく。

―まずはFACTが終わったくらいの話から聞かせて欲しいんですけど。なんで3:3で分かれたのかな、と。SHADOWSいわく、"性格じゃね?"と言っていましたが、どうなんですか?

Tomohiro:その通りだと思いますよ(笑)。

Eiji:結果的にって感じだよね。言われてみればそうだな、くらいの(笑)。

Tomohiro:嫌な感情とかもお互いにないし(笑)。

Adam:もっとジューシーなストーリーが欲しいのかもしれないけどね。

―ジューシーって(笑)?

Adam:ケンカしたとかさ、そういう話を聞きたい人が多いと思うけど、別にそこまで面白くないんだよね。

―あくまで流れだったと。

Tomohiro:そうですね。FACTを解散することになって、この後どうしようってそれぞれ考えるわけじゃないですか。それで何となくえっくん(Eiji)とAdamと一緒に音楽続けようかってなって、もう1人ギターが必要だけどどうしようってなった時に、Immyがやってくれたら嬉しいなと思って試しに聞いてみたら やりたーいって(笑)。(日本とイギリスで)距離あるけど、どうする? とかもっと質問されるかと思ってたんですけど、即答でOKしてくれた。

―もともとImmyとはどういう繋がりだったんですか?

Adam:10年くらい前、イギリスで一緒に住んでたんです。その後FACTのツアーマネージメントとかもやってくれて。

Tomohiro:3回くらいやってくれたよね。だから、俺らも知ってて。ツアーって何週間も一緒にいるじゃないですか。プレイは全然分からないけど、人柄的にはまったく問題ないって分かってたし、楽しく出来るならいいよねって。

1/5ページ

最終更新:9/8(木) 18:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。