ここから本文です

アジアの後発新興国の中で投資効果が最大の国は?

JBpress 9/8(木) 6:00配信

 2016年7月9日、ピューリッツァー賞受賞者(1976年)のシドニー・シャンバーグ(Sydney Schanberg)氏が82歳で逝去した。

トゥール・スレン虐殺犯罪博物館の建物と展示(写真)

 同氏は、1984年製作の英国映画「キリング・フィールド」(The Killing Fields)の主人公のモデルとなった人物である。キリング・フィールドは、ポル・ポト(1928~1998年)が率いるカンボジアの親中共産勢力「クメール・ルージュ」(ポル・ポト派)による大量虐殺を描いた映画だった。

 シャンバーグ氏はニューヨーク・タイムズ紙の特派員として、1970年代から南アジア、東南アジア等で活躍し、その間、東パキスタン(現在のバングラデシュ)、ベトナム戦争、1972年からはカンボジアで取材活動を行い、1975年4月17日にポル・ポト派の攻撃によってプノンペンが陥落した後も取材活動をしたジャーナリストであった。

■ 日本企業が続々と進出

 アジアにおける後発新興国CLM(カンボジア・ラオス・ミャンマー)3カ国の中で、カンボジアは最も投資環境、投資効果が高い国とされている。かつてキリング・フィールドと呼ばれた国には今、日本を含めた世界中から熱い視線が集まっている。

 2015年10月時点でカンボジアには224社の日本企業が進出している。この進出企業数は、2005年と比べると4倍以上である。日本企業のカンボジアへの関心は高まっており、今後も進出が大きく拡大するものと見られている。

 その背景には、カンボジアの投資環境が比較的良好であることが挙げられるだろう。

 カンボジアでは、ポル・ポト時代(1975~79年)から内戦時期(1979~91年)にかけての長期間にわたる混乱からの復興のため、1992年3月から国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)による統治が開始され、治安維持、政治的安定が図られた。さらに、日本の政府開発援助(ODA)によるインフラ整備も進められた。法制度の面でも、東南アジア諸国の中で整備状況は高い部類に入る。

1/4ページ

最終更新:9/13(火) 20:50

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。