ここから本文です

存在感の薄さも「神ってる」? カープ・緒方監督の“超早出出勤”舞台裏

週プレNEWS 9月8日(木)6時0分配信

順調にマジックを減らし、25年ぶりのリーグ優勝が目前となった広島カープ。にもかかわらず、めっきり影が薄いのが就任2年目の緒方孝市(こういち)監督だ。カープ番記者が言う。

「現役時代から地味でしたが、コツコツ努力を重ね、“たたき上げ”で一流選手になった。監督になっても、派手な采配や言動、パフォーマンスとは無縁の人。今季、話題になったことといえば、鈴木誠也の2試合連続サヨナラ本塁打を評した『神ってる』がちょっとした流行語になったくらい」

実際、マツダスタジアムのカープファンに聞いても、

「去年はファンの間でも『緒方の采配がひどすぎる!』とか『地味すぎて監督の器でない』っていわれてたけど、今年は話題に上ることもほとんどない」(40代男性)

「今季はピッチャーが多少、点取られても打線が打ってひっくり返しよるから、監督の采配なんてあってないようなもんじゃろ」(50代男性)

と、その手腕を評価する声はほとんどなし…。だが、前出のカープ番記者はこう言う。

「確かに昨年は、われわれから見ても『あれ?』という采配が結構ありました。それに黒田や新井が復帰し、マエケンが残留したのに4位に終わり、監督はかなり悔しい思いをしたはず。でもそこはさすが“たたき上げ”。今季は相手チームのデータやカープの二軍選手のVTRをコツコツと猛勉強。そのため、誰よりも早く球場に来る。ナイターなのに、朝の8時半に球場入りすることもあるほどです」

チーム内では「朝イチに球場に来た監督が、マツダスタジアムの電気をつけている」なんて冗談も出るほど。

「この超早出出勤の効果か、今季は選手の状態把握や起用、一、二軍の入れ替えなど、確実に昨年よりよくなっています」(前出・記者)

監督としてもただ今、順調にたたき上げ中!?

(取材・文/本誌ニュース班)

最終更新:9月17日(土)20時39分

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.41
9月26日(月)発売

特別定価430円(税込)

安倍首相が「北方領土解散」決断!/86、
GT-R、NSX辛口試乗ルポ/「魅力のな
い街」返上へ、名古屋の逆襲【グラビア】西
野七瀬/大川藍/佐々木希/原幹恵 他